JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

マインドフルネスにデメリット?ストレスを軽減するマインドフルネスの歩く瞑想のやり方。

マインドフルネスにデメリットはある?ストレスを軽減しパフォーマンスをアップさせる

  • マインドフルネスに興味があるけど、手軽にできる方法はない?
  • 瞑想をする時間が持てないけど、どうにかしたい。
  • マインドフルネスのデメリットは何か知りたい。

マインドフルネスという言葉をよく耳にする、ネットでよく見かけるという人は、もしかしたらが疲れているサインなのかもしれません。

このページでは、歩く瞑想とマインドフルネス、そして呼吸について解説します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

マインドフルネスとは?

Weblioによると、

今この瞬間の自身の精神状態に深く意識を向けること。またそのために行われる瞑想。

という意味で捉えられている言葉です。今、この瞬間に集中し、意識の深いところにアクセスすることが、マインドフルネスの意味です。マインドフルネスを行うことで、ストレスが軽減し、心や体の不調が軽減すると言われています。

マインドフルネスという言葉は、大手外資系企業でも取り入れられている手法で、ビジネスのパフォーマンスを上げるために使われていることでも有名です。

マインドフルネスは、瞑想によって行うことができますが、瞑想というと、寺院にわざわざ出向いていき、坐禅を組んで、意識を集中させるような何か大それた言葉のように聞こえますが、実際は今ここで行うことができるものです。

マインドフルネスの威力

瞑想をし、意識の深いところにアクセスすることにより、本来の自分を取り戻し、感情による不要なエネルギーにコントロールされる自分を防ぐことができます。

生活や仕事により、日々疲弊している心のケアとして、苦しみへの立ち向かう一つの方法として、使える武器になります。

よりよく生きる力を手に入れ、リラックスした状態で物事に取り組むことができるようになるでしょう。

感情や体験は、今、この瞬間のイメージによって、必要な判断を促す原因になっているケースが多いです。マインドフルネスで、意図的に注意を払うことで、思考を制限していることに気づくことができます。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
心が重たいと感じるときはマインドフルネスがオススメです。

情報化社会の必須ツール

マインドフルネスは、今、この瞬間に思考を止めることにあります。スマートフォンやインターネットの普及で、心の置き場所がわからなくなり、いろいろな場所に意識が散ってしまい、「私は一体何をしているのだろう」という感情が、ストレスの原因になっています。

過去の後悔、自分で作り出した妄想のモンスターが、不安を作り出して攻撃してくるということです。また失敗するのではないか?また苦しい未来がくるのではないか?と確定していない未来を心配するのは、過去の体験からくる感情が、無意識にあなたの思考を制限している結果です。

情報化によって、非常に便利になりましたが、必要以上の情報は心の毒にもなることを覚えておく必要があります。

「心ここに在らず」という言葉がありますが、まさに心がこの瞬間にない状態では、パフォーマンスを上げることもできないでしょう。

今を生きることの重要性

テレビが2台以上あって、同時に違う番組や映画を見てみるとどうでしょうか?テレビ内容が入ってこなく、終わった後に何も記憶が残っていない状態になります。

心の状態も同じように、複数のことを同時に思考することで、貫くほどのエネルギーを生み出すことができないのです。人生の時間は有限です。自分の集中できる範囲を決め、没頭することで、本来の力が発揮されるようになります。

今を生きるとは、目の前に没頭し、不安や心配を感じないレベルに意識を昇華させることにあります。

怒りの効力

「怒り」という感情は、とても便利なツールですが、一度「怒り」に思考が飲み込まれると、自分では歯止めが効かなくなります。怒りは、今まで積み上げてきたこと全てを破壊するだけの力を秘めている感情です。

例えば、子供を怒るのと子供を叱るのでは大きな違いがあります。これは、「怒り」という感情と自分の思考を引き離し、怒りをツールとしてもっているかどうか?の違いです。

叱ることはしつけになるが、怒ることは、単純に起こっている人のストレスを解放するために使われ、破壊をもたらす行為につながります。時に怒りは、物事を混乱させる原因になりかねません。

怒ってはいけないのではなく、怒りを観察する余裕を持つことが大切であるということです。

自分の心が穏やかになる。

感情に左右されず、目の前の思考に常にまっすぐ向き合い没頭することで、心が穏やかに過ごすことができるようになります。ネガティブでもポジティブでもない、感情を受け入れ、ニュートラルな状態を維持することがマインドフルネスにつながります。

心が安定すると歯車が一気にうまく回り出します。偶然の奇跡も起きやすくなるでしょう。

信頼も厚くなり、あなたに信頼を寄せる人からアクセスがあって、より多くのチャンスを与えられることになります。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
不安は誰かにコントロールされるかもしれないサインです。

脳は、10%程度しか常時使われていない。

はその構造上、常に楽をするように作られています。脳が疲弊してしまうと、無意識の力が使えなくなり、心や体に影響をきたすため、常に余裕をもって稼働しています。10%程度の使用率で常時使われており、その大半が、過去の心配や未来への不安の処理に使われています。

より多くのことを成し遂げられるにも関わらず、脳は常に怠けている状態を自分で作り出しているということです。

例えば、同じものが並んでいて一つだけ違うものがある時、脳は全て同じであると判断した方が処理能力を使わずに済みます。脳が観察し、「本当にそうか?」と疑うことで、脳が活性化することになります。

脳の残りのパフォーマンスを上手に活性化させることが、マインドフルネスでは必要になってきます。

マインドフルネスの呼吸方法

口は呼吸器ではなく、消化器です。鼻から息を吸うことが人間の本来のあり方です。自然に鼻から息を吸うこと、体がしたい方向を感じ、それに合わせ、逆らわない。

微妙な差を感じ、こうしたら良い、こうすべきだを取り除いていきます。

悩みを思考で抑圧しようとせず、浮かび上がった感情は、ただ観察するだけにします。

過去のことは過去のこと、未来のことは今の連続。今に没頭することですべてが解決することを知りましょう。

呼吸は、吐くことから始まります。体に溜まった悪いエネルギーを吐き、良いエネルギーを取り入れるイメージで呼吸をしましょう。

体の感覚を感じる

呼吸をすると同時に、「ここにいる実感」に集中することが瞑想には必要な概念です。

体の微妙なズレが起こる時、意識が他の感情にコントロールされようとする時です。それは本当に微妙な違いなので、集中していないと気づくことができないものです。

例えば、両手の指を左手と右手で合わせ、目をつぶります。恐怖や不安が過ぎると、ほんの少しだけずれる感覚を得ます。体は意識の反応に敏感です。体をセンサーのように使うことで、自分の意識の状態を知ることができます。

何について心が揺さぶられたか?を感じ、解決せず受け入れることを繰り返します。そのうちに、心が平穏になり、エネルギーが高まってくる感覚を得ることができるでしょう。

歩く瞑想

座りっぱなしで瞑想をする時間がないせっかちな人でも、1日1歩もあるかない日はないはず。歩くことが瞑想にすることができます。

ゆっくり歩き、体の動きだけを観察します。

「前前前、足足足、膝膝膝」など、一部分に意識を集中させる。それ以外に頭の中に入る余地をなくすこと。不必要な感情を横に置いたまま、今の体の動きに集中することです。ストレスが軽減され、心が軽くなる感覚があると思います。

体がある実感、動ける実感、息ができる実感、心臓が動いている実感を得ながら、歩くことに没頭しましょう。

足への集中を保ったまま、全身がアンテナのように、心のエネルギーを与えるようなイメージで、歩くことが瞑想になります。

できれば毎日実践することで、本来の瞑想の効果を実感できるようになります。3ヶ月はやってみることを心がけましょう。1日数分でも良いので、徐々に慣れていく必要があります。

没頭は本気の状態でないと生まれないものです。他のことに意識を散らすと、せっかくのマインドフルネスが意味のないものになってしまいます。

まとめ

日々情報の波に飲まれ、息ができずに情報の海をさまようのはやめましょう。今の世の中は感情を揺さぶるためにあの手この手を使い、あなたを取り込もうとしてきます。あなたが恐怖した時、不安になった時、それは、誰かがあなたをコントロールするチャンスになっているということです。

マインドフルネスで瞑想をすることは、そういった情報の波から自分をすくい上げ、大きな船に乗り、灯台を示すものです。ゴールが見え、ただそれに向かって進むことができることは、ストレスが軽減され、寄り道をせずに効率よく目的地へ到達できるようになることです。

マインドフルネスにデメリットを挙げるとしたら、今の状態から抜け出してしまう現象が起こることです。現状で満足しているのであれば、マインドフルネスはオススメできません。

感情に飲まれ、毎日憂鬱とならないために、自分の感情を観察し、体の実感を持つことで、心が平和に過ごせるように私は願っています。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。