JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

ピンク色(桃色)カラーの意味と心理的効果。愛情があり周りを幸せで包み込める人。傷つきやすい面も。

ピンク Pink

ピンクがよく目につく、ピンクのものが身の回りに溢れている。ピンクが好きな人が近くにいる。そんな人たちの一般的な理状態を考察します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

ピンクの意味

本質的にピンクの意識を持って生まれた来た人は、しなやかで愛情深い気質を持っています。人間関係の構築が上手で、攻撃性を減退させる力を持ちます。開放的な面もあり、いるだけでポジティブな印象を与えることができます。多くから温かい目で見守ってくれるような存在になることができる人です。

自分の進む方向に対して、相手のことを思いやりながら進むため、時には優柔不断になってしまうことがあります。

柔軟な心が特徴です。ピンク色は母性を象徴する色です。母親のような包み込むような優しさを表現できる気質をもっています。

ピンクが意味するものリスト

  • 見守る力
  • リラックスさせる
  • 心身のしなやかさ
  • 柔らかさを保つ
  • 温和な雰囲気
  • 少し消極的
  • 人間関係の構築が上手
  • 優しい心
  • 愛情深い
  • 攻撃性を減退
  • 開放性がある
  • ポジティブな印象を与える

ピンクの心理的効果

ピンクを取り入れる効果としては、心と体の柔軟性を高める効果があります。人を包み込むような感性を得たいのであれば、ピンクを取り入れることが良いでしょう。

濃いピンクは、淡いピンクとは違った意味を持ちます。ピンクの要素を取り入れたいと強く願っている状態です。温和になりたい、優しくなりたい、柔軟な心を持ちたいという願望が現れている可能性があります。

ピンクが必要とする人の心理

ピンクは、女性性を活性化させる色です。ピンクを多用することは、強いものに守られていたい。甘えたい。開放されたいなどの願望の現れでもあります。

ストレスがかかり、イライラする自分を改善しようとして、ピンクを取り入れている可能性があるということです。開放的な気持ちになりたい心理状態の時にピンクを多くと取り入れる傾向が生まれます。

人に頼りたい、もう頑張りたくない、若くみられたいなどの、今の自分を否定し、新しい自分を描きたいとするのがピンクの特徴でもあります。

ピンクを必要とする人

  • 守られたいと願う
  • 親近感を与えたい
  • 女性ホルモンの活性化したい
  • 現実逃避したい
  • ときめきがほしい
  • 甘えたい
  • 気持ちを開放したい
  • 優しくありたい
  • 頑張りたくない
  • 人に頼って楽したい
  • 力を抜きたい
  • 若返りたい、若くみられたい

他の色からピンクを意識する意味

成長の過程でピンクを意識するようになる理由は、硬くなった心を持つ今の自分を変えたいと願う時です。感情を押し込めて自分ではない感覚が嫌でしょうがない。そんな心のサインを示している可能性があります。

ピンクを取り入れることで、心が開放され、優しく、リラックスできるようになることを望んでいます。

ピンクが好きな人の行動

ピンクが好きな人の行動の特徴は、心と体のデトックスを望んでいる傾向にあります。心に老廃物がたまると心のゴミが集まり、決断しにくい状態になります。心が鬱々となる前に、ピンクを使うことで心を軽くしようとしているのです。

新しい刺激を得たいという衝動がありながら、自分は変えたくないという頑固な面もあります。わがままな自分になりたいという衝動を表しています。

ピンクが好きな人には、気配りができ、世話好きな人が多く、わがままです。でも、そんな無邪気さを表現することで影響を受ける人が癒されます。そんな空間を作り出せるのがピンクの行動の特徴です。

行動の特徴リスト

  • 老廃物を出そうとする
  • 刺激を求めようとする
  • 気配りをしようとする
  • 自分を変えない頑固でいようとする
  • 周りを幸せで包もうとする
  • 傷ついた心を癒そうとする
  • 癒しを与えようとする
  • わがままでいようとする
  • 世話好きになろうとする

ピンクを好きな人が気をつけること

ピンクが好きな人は、傷つきやすく繊細です。ストレスを受けやすく、すぐに落ち込んでしまう傾向です。つまりは、打たれ弱いのです。

また、ひがみが生まれやすい特徴があります。「私はこんなに頑張っているのに、あの人はずるい」と思うことです。ひがみは、心にストレスを生みます。心と体に負担をかけすぎないように注意をし、毎日を過ごす必要があります。

自分とは違う何かにときめこうとする心の動きが強いので、自己受容をするタイミングに来ているのではないでしょうか?

淡いピンクではなく、濃いピンク、ショッキングピンクが好きとなると、淡いピンクの長所を全て欲する強い欲求の表れです。可愛く、優しく、思いやりがある、そんな絵に描いたような女性性を求めているということです。

気をつけることリスト

  • 傷つきやすい
  • 繊細でもろい
  • 大きなものに影響を受けやすい
  • ストレスを受けやすい
  • 心と体に負担をかけやすい
  • ひがみが生まれやすい
  • ピンクを嫌う人は、女性性を否定している可能性あり
  • 自己受容のテーマがある

色が全てではない

色は、「この色が好きだから、こうである」と絶対的なものではありません。色が心に大きな影響を与えることは確実ですが、すべてではないと考えます。

特定の色に関する過去の記憶は感情とひもづいています。子供の頃のショックは、固定観念として残り、常に無意識に作用して行動を制限するものだからです。

特定の色が「好きや嫌い、気になる」というのは、もっと深いところに理由があります。一般的な理由だけを取り入れて、自分を判断するのは軽率かもしれません。

物事に対して「これはこうである」と断定できるのは、他人の意見からではなく、自分自身が感じることの中にあります。
色が好きというのは、自分が感じていることです。その意味は、他人や情報から与えられるものだけではなく、自分で探すことが大切です。

まとめ

ピンクが気になるという方のための一般的な意味をご紹介しました。優しさや思いやりに溢(あふ)れ、人間関係をよくする気質を持っています。

愛情深く人と接することができ、心も体もしなやかな感性を持つことができる人です。攻撃してくる人を柔らかく包み込むことで、いるだけで仲裁ができてしまう雰囲気を作り出せます。

ストレスの影響を受けやすく、傷つきやすいという欠点があるので、心と体に負担をかけすぎないように、日々を過ごしていくことが大切です。頑張りすぎると「ひがみ」となって、自分にさらなるストレスをかけてしまうことがあるので注意が必要です。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。