JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

寝ながらできる瞑想のやり方。心を整えるマインドフルネス。

寝ながらできる瞑想のやり方

  • 寝ながらできる瞑想したい。
  • 瞑想をすることで、理想の自分を手に入れたい。
  • 寝ながらできる瞑想の呼吸の仕方を知りたい

マインドフルネスという言葉をご存知でしょうか?日本語にすると「瞑想」という言葉に置き換えられるかと思います。このページでは、毎日手軽に瞑想をする方法、寝ながらできる瞑想の呼吸法をお伝えします。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

瞑想と呼吸。

瞑想とは、wikipediaでは、こう記されています。

を静めて無心になること、何も考えずリラックスすること、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことなどとされている。

呼吸とは、Wikipediaでは、こう記されています。

細胞呼吸(または内呼吸):血液と細胞とのガス交換。細胞が最終二酸化炭素 (CO2) を放出する異化代謝系。
外呼吸:空気と血液とのガス交換。多細胞生物体が外界から酸素を取り入れ、体内で消費して二酸化炭素 (CO2) を放出すること。

瞑想と呼吸は、切っても切れない関係です。呼吸を整え、呼吸を深くすることが、身体中の不必要なガスを取り除き、新鮮な空気を取り入れ、深い瞑想に入ることができます。

呼吸が乱れていると、思考が止まったり、雑念が生まれてしまうのは、誰しもが感じることだと思います。呼吸は瞑想に入るため、瞑想を適切にするための下準備として、そして瞑想を効果的にするためになくてはならないものです。

瞑想における空気とは?

空気には、窒素や酸素、二酸化炭素だけで構成されていると思われがちです。

空気とは、「空」と「気」という文字が入っています。「空手」は概して、武器を持たず素手で行うものです。「波動」は存在する全てのものが出しているエネルギーで、「気」という言葉でも表現できます。

つまり、空気は、あるがまま、素のままの気という意味になります。「素」というのは、「もと」とも読め、根源的なものという意味です。

空気を取り入れるとは、根源的なエネルギーを取り入れることなのです。

呼吸をすることは、吐くことから始め、いらないものを吐き出した後に、空気を吸うことで、根源的なエネルギーを身体中に巡らせることにあります。

空気の役割。

空気は、いろいろなエネルギーが集まった集合体です。空気の交換は、気の交換となり、集まった気は、人を良くもするし、悪くもします。

より良い空気を取り入れること、悪い空気を吐き出すことが、自分の状態を良くすること、ひいては、地球の不調和を整えることにつながります。

毎日必ず吸い続けている空気、その空気が私たちの気の状態を左右しているとしたら、呼吸がいかに大事なことかわかると思います。

細胞の隅々まで、生命エネルギーが駆け回るイメージ。一部分でも滞りなく、循環しているのが理想です。

プラス思考と呼吸。

悪い気と良い気であれば、良い気を取り入れたいと思うのは当然のことです。悪い気と良い気を選別して、自分の中に取り込んでいくにはどうしたら良いのでしょうか?

自分をプラスであり、ポジティブな状態をキープしておくことで、良い気を取り入れることになります。

「絶対大丈夫」「必ず成功する」「上手くいくに決まっている」そんな前のめりな状態が、空気を吸ったときのエネルギーを選別し、自分の中に取り込む「気」の種類を決めています。

空気の中に当たり前に、はいっているプラスの気は、自分のフィルターを通して、取り入れられるか決まっているということです。

瞑想をする前の準備。

呼吸は、意識的に行なっている部分と無意識で行なっている部分の二つがあります。ほとんどが無意識で呼吸を行なっていることでしょう。

「息は吸えれば良いのでしょう?」と考えられるかもしれませんが、そうではありません。

息を意識的に吸うことで、無意識が鍛えられます。

無意識の行動を矯正、修正するためには、意識的な行動を習慣化する必要があります。

意識的に行える行動は、意識全体の5%程度しかなく、残りの95%は無意識です。生命の維持は、無意識で行われていることがほとんどということです。

無意識に何かができるようになるためには、意識を使って習慣的に行動し続けることが大切になります。

寝ながら効果的に瞑想するための呼吸。

これより、寝ながら効果的に瞑想する呼吸のやり方についてをお伝えします。

非常に周りからみたら地味なものですが、毎日やることにやって、無意識に浸透し、意識せずともできるようになれるようにしましょう。

リラックスする。

体全体の力を抜いて、目の奥の方に意識を集中します。目は開いていても、つぶっていてもどちらでも構いません。意識として、目で見ることではなく、自分の内側を見るイメージを持ちます。

一旦、ゆっくり深呼吸しましょう。

体の力を抜く。

足首、膝、腰、背中、肩、肘、手首、首、頭という順番で意識的に力を抜いていきます。

おかしいところはないか?違和感はないか?を確認していきます。痛みがある場合は無理な動きをせずに自然に任せましょう。

「体がある」という実感が、瞑想には大切です。自分の体が物理的に存在していることを感じると、体に「気」が回りやすくなります。

心の緊張を緩める。

体がゆったりして、力を抜くことができたら、心の緊張に目を向けます。心配事はありますか?不安はありませんか?そう言ったものが出てくる度に、「今は瞑想に集中する」として、観察するだけにとどめましょう。

突然、後悔が出てきて、「うわああ!」となることもあるかもしれません。そこは、絶えず我慢して、「ただみる」ことだけに専念することです。

息を吐く。

吸う前に、まずしっかりと吐くことからはじめます。コップの中に入った汚れた水の中に、たくさんの新鮮な水を入れても、綺麗な水に変わるまで時間がかかってしまいます。

一度コップの中の水を捨てる、つまりは、息を吐き切ることで、新鮮な「気」必要な「気」を入れることができます。

口は消化器官です。呼吸をする器官では、本来はありません。鼻から息を吐き切りましょう。ゆっくり数秒かけて、指先からすべての悪い気が出て行くイメージで、行うことが大切です。

心配事、不安事を一緒に吐き出すイメージで、全て吐き切ることです。

息を吸う。

悪い「気」を吐き出し切ることができたら、自然に新鮮な「気」を体が必要とします。いきなり吸ってしまうと、体の浸透を邪魔しますので、ゆっくり吸いましょう。

こちらも鼻から息を吸い込みます。その際の注意点としては、丹田に向かって、息を吸うイメージを持つことです。

丹田は、すべての体の部位につながっており、体の中心です。丹田にエネルギーが集められ、そこから体に放射線状に広がるイメージを持ちながら吸うことが大切です。

繰り返す。

心配事や不安なことが頭をよぎる度に、ただそのことを観察し、「感謝します」と伝えましょう。

体の部分で力が入っている部分があれば、それをただ感じ、「大丈夫だ」と伝えましょう。

さまざまな「邪魔」を意識の力で取り払い、無意識にまで浸透できるまで強いものにしていきます。こうすることで、強くてしなやかな精神が育ちます。

世界全体が一緒に呼吸しているイメージをもつ。

瞑想状態において、呼吸によって取り入れている「気」は人から回り回って伝えられた、全体の意識です。

人が何かをするたびに、「波動」を伝えて物事を発しています。人が行動するところに「気」が生まれ、気が集まると、パワーに変わり、人の行動に影響を与えます。

その「気」は空気を伝って、呼吸で人の中に入ります。

呼吸が、宇宙とつながるの意味は、作り出された気で繋がるために言われていることです。

一人で呼吸をし、自分の心を整えるために使われる瞑想ですが、世界全体、宇宙全体につながっています。

全体意識を理解した上で、自分の呼吸が世界を変えると自覚しながら、ともに呼吸をしているイメージを持つことで、瞑想の効果は強いものになります。

生かされている喜びを感じる。

呼吸ができている、何かを感じているということは、「生きている証拠」です。

生きているのは、自分がすごいからではありません。周りの存在があるからこそ、人は生きることができます。

今日の食事で食べたもの、お金を払って手に入れたからではなく、誰かが作ってくれたから食事ができたのです。

それも波動の一つであり、「気」を取り入れる行為です。

「生かされている」ことを実感できるかどうかで瞑想の効果は変わってきます。

1日たりとも、あなたに恵みがない日があったのなら、今のあなたはいないことになります。

今度はあなたができることをする番ではありませんか?より良い瞑想とは、自分のためだけではなく、人のために自分を鍛えることにあります。

自分の素晴らしい点を3つ掲げる。

自分の素晴らしい点を3つ挙げてみましょう。何もないというのであれば、判断基準が厳しすぎるだけです。

なぜ、あげる必要があるかというと、良い気を取り入れるには、良いマインドを持つ必要があるからです。

自分の良い点、自信を持てる点がないところで、良い気を呼吸することはできません。

良い気があるところには、良い気があつまります。自分の素晴らしい点を挙げることは、良い気を高めることにつながります。

素晴らしい点が見つからないのであれば、判断基準が厳しすぎるのかもしれません。

この文字を読んでおられるかたは、おそらく日本人でしょう。

日本人は、世界的に見るとトップ10%に入るほどの、富裕層です。日本人に生まれたというだけで、素晴らしい点であるということです。

このように、見方を変えることでいくらでも自分の素晴らしい点を見つけることができるでしょう。努力で勝ち取ったものか否かは関係ありません。

自分が自分をどう思っているのか?を確認し、素晴らしい点として認識して行くことが大切です。

全ての人の幸せを願う。

「瞑想は自分のためだけにやる」のであれば、効果は半減してしまいます。瞑想は、奪うことではなく、与えることだからです。

自分がいることで、人が幸せになるイメージを持てますか?

すごい怒った顔で、自分を睨みつけてくる人が見えますか?それともニコニコしてこちらに微笑んでくれている人たちの顔が見えますか?

「自分だけ」を考え出すと、嫉妬心や猜疑心にまみれて、成長する自分にブレーキをかけてしまいます。そのブロックを解除するために、「すべての人の幸せを願う」必要があります。

あなたの瞑想が人を浄化し、人のためにあなたが瞑想する、その結果があなたのためになるイメージを持てるように、日々の習慣を見直しましょう。

まとめ

瞑想を取り入れることで、自分の心が強くなり、心がしなやかになります。寝ながら瞑想をするためには、横になって、自分の体と心に集中し、息を吐くことから始めましょう。

瞑想が、人の与えるエネルギーを強くするため、人の幸せを願うことで、より強力な力になります。返ってくるエネルギーは何倍にもなり、あなたを助けてくれるでしょう。

瞑想中に眠ってしまっても構いません。ただ、眠ってしまっている状態は、情報を整理することに使われるため、瞑想ではなくなってしまいます。

自然に深く呼吸をし、自分があることを感じ、自分の存在が人を幸せにできると実感できた時、無意識に瞑想、呼吸ができていることを意味します。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。