JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

潜在意識を認識しなおすための習慣9つ。潜在意識に働きかけるコツ。

潜在意識を書き換えるためにやるべきこと9つ

  • 潜在意識で、理想を描きたい。
  • 潜在意識を自由に使うことができない。
  • 描いが未来が遠く感じる。

潜在意識は勉強すればするほど、混乱する内容です。ワクワクすれば成功する?嫌なことはしないほうがいい?そんな言葉がたくさん見られます。このページでは、潜在意識を認識しなおして、新たなステージに行くための方法について解説します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

潜在意識とは?

人の意識は、大きく二つに区別することができます。顕在意識と潜在意識です。顕在意識は、意識的に動かすことができる意識で、意識全体の5%を司ります。一方、潜在意識は残りの95%程度を占めており、無意識で動かされている領域です。

意識できる領域はわずかなものなので、人のパフォーマンスはこの潜在意識がどのように使われているのか?を知り、有効に使うことで、あげることができるようになります。

潜在意識の特性としては、エネルギーが強ければ、強いほど現実化を早めてしまうということです。そのエネルギーの方向がポジティブだろうとネガティブだろうと潜在意識は区別しないので、そのまま嫌なことでも現実化してしまうという特性があります。

潜在意識を認識しなおすとは?

私たち一人一人の中にある潜在意識は、大きく二つの要因によって、成長しています。一つは先天的要因、もう一つは後天的要因です。

先天的要因

生まれる前に刻み込まれた意識です。宿命から作られ、あとから変更することができない要素です。

後天的要因

生まれた後に作られた意識です。運命は変えられるというように、この先天的要因で作られる潜在意識は、およそ幼少期の体験がもととなり、構成されています。

「知らない人と話したらひどい目にあうぞ!」と子供の頃に何度も言われ続けて、知らない人と話そうとすると緊張して話せなくなってしまう。このような無意識の反応が起こります。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
後天的な意識の蓄積は今からでも変えられる。

潜在意識を活用するための要点

潜在意識は、顕在意識の下に深く根を張るように存在している意識です。顕在意識と潜在意識の間には壁があり、顕在意識からアクセスはできますが、強いエネルギーが必要になります。

ワクワクしている状態を見つける

潜在意識は、ワクワクしている時に力を発揮するので、「ワクワクしよう」「楽しもう」と半強制される場面があります。

しかし、なかなか潜在意識の力が発揮できない人は、「なかなかワクワクするものがない」「ワクワクの仕方がわからない」と言われます。

もしかして、今やっていることをやった瞬間からワクワクしないと、それは「ワクワクすることではない」と思っていませんか?

すぐにワクワクすることは、すぐにワクワクしないことに変わります。でも、ゆっくりワクワクを育てていくことは、長いスパンでワクワクを感じ続けることになります。すぐにワクワクを感じられなくても、良いということです。

努力しなさいの意味

努力しなさい。努力禁止。といろいろな文献で言われていることですが、結論として努力は必要です。しかも、不断の努力でないといけません。努力の定義は人によって違いますが、潜在意識における努力は、何気なく行動してしまうことにあります。

つまりは、自分が努力していると思っておらず、周りがあなたが努力していると感じることを、潜在意識の努力ということです。頑張ること、一生懸命やることも潜在意識に対しては同じ意味です。

習慣に落とし込む

継続的に「努力をしている」状態を作り出すのは難しいです。人は、外部からの感情に常に引っ張られて生活しているからです。努力をする仕組みを作る必要があります。それが習慣化です。

潜在意識は、感情を司っています。感情を習慣的に沸き起こるようにすることを継続的にする仕組みを、潜在意識における習慣化ということになります。

習慣化されていないと、潜在意識にエネルギーが溜まる前にやめてしまい、潜在意識の力が発揮されません。

行動することに理由をつけない

理由づけをする行為は、顕在意識の行為です。理由をつけているうちは、潜在意識の力を使っていないことになります。

「〇〇であるから、〇〇をしよう」「〇〇をさけるために、〇〇をしよう」といった、理由をなくし、なんとなく行動することから始めます。

継続して行動していくうちに、理由が明確になり、あとづけで理由をつけることで良いです。

わかった気にならない

わかった気になることは、潜在意識の力を閉ざすことにつながります。「わかったつもり」は、「わかろうとする意識」を邪魔します。フィルターを通して得た情報は同じように映ります。小さな変化に気づくことができなくなるのです。

いつも新鮮な気持ちで、物事を感じることが潜在意識の活性化につながります。常に新しいこととして自分が取り入れられることはないか?という学びの姿勢をとることが大切です。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
努力はつらいものではなく、つらいでしょ?と言ってくる人が出てきたときに、努力となる。

潜在意識を活性化させる心構え

あなたが意識できてる顕在意識と意識できていない潜在意識は同一の「意識」の中にいます。潜在意識を活用しようとした時、その意図は潜在意識にも伝わっていることになります。

潜在意識を上手に利用してやるのではなく、一緒に目標を達成し、幸せを感じるためのパートナーとして位置付けるための構えが必要です。

本気で動く

潜在意識は、あなたが本気を出しているかどうか?を常に監視しており、本気を出していないとわかると、協力することをやめようとします。本当に願っているではないと判断するからです。

本気を出しているかどうかは、自分がよくわかっているはずです。潜在意識にも伝わっています。本気を出していない状態は、いわば裏切り行為となります。

必要なところ、重要なところでは、必ず本気でやることが、心構えとして必要です。

迷いを捨てる

迷いを捨てるということは、決断をすることになります。「決断」という言葉の中には、何かを決めるということの他に、「断つ」という漢字が含まれています。他の可能性を「切り捨てる」意味があるからです。

目的を達成するためには、圧倒的な思考と圧倒的な行動が必要です。まっすぐ進んで突き抜けるようなイメージを持てるかどうかです。

一本道を高速で進むと、周りの景色がすごい勢いで浮かんでは消えていきます。目的に一点集中し、必要のないことに思考を邪魔されないようにする心がけが必要です。

制限しない

「〇〇までに〇〇をしなければいけない。」「〇〇でいいかな」「〇〇でしかたがない」と無理やり納得してしまうと、潜在意識は途端にやる気を失い、活性化が止まります。

数値化できる目標は常に中間目標であり、最終地点の目標は、「あり方」(なりたい自分へのビジョン)を常に描くものにしましょう。「人に優しくありたい」「人の問題を一緒に解決できる自分でありたい」という意識を最終目標にすることで、潜在意識の制限がなくなります。

マイルストーンを設定する

ビジョンを明確にし、マイルストーンを設定し、一つ一つをクリアしていくことで、途方もないゴールにたどり着くことができます。

無意識に行動してしまうこと、自分の思考が常に引っ張られることに対して、数値的な目標を立ててみましょう。

貢献する意識を持つ

潜在意識は、他の潜在意識とつながることができます。つまりは、自分だけが良いとされる行動に対して、潜在意識は上手に動くことができません。

自分のためであり、人のためにもなることを意識することで、意識全体を活性化させることにつながります。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
潜在意識と二人三脚のイメージで、問題を乗り越えよう。

潜在意識を認識しなおす9つのチェックリスト

潜在意識を認識しなおすための具体的な方法を記載します。今やっていることは、潜在意識を活性化させているのか?それとも顕在意識の5%程度しか自分を支えていないのか?を判断できます。

1. 上質なものに触れる習慣を持っている

今感じていることが、未来を創っています。今感じることができないものは、未来で創ることができないということになります。

未来への良いイメージができないのであれば、擬似的でも体験することで、より良い未来を描けるようになります。つまりは、上質なものに触れる習慣をもっているかどうか?です。

日々忙殺される中で、毎日同じことを常にし続けているのであれば、それはそのまま、未来のイメージとして潜在意識に刻まれていきます。上質な情報をインプットする、新しい発想をインプットすることの蓄積が、新しい価値観を生み、理想を変化させます。

得意とする領域はありますか?圧倒的な知識量を得たいと思う分野はありませんか?習慣的に情報を少しずつでもインプットしていきましょう。

2. 過去を再認識する習慣を持っている

過去に起こった出来事、特に幼少期にショックを受けた出来事の認識を大人になった今、再認識する習慣があると潜在意識を活用しやすくなります。

「包丁をさわってはいけない」と言われた子供が、包丁を触ることをずっと守り続けて、大人になって生活していると、無意識に包丁があると避けるようになります。料理が作れない人になってしまいます。

過去の出来事の解釈を疑い、違う形で再認識することで、無意識の変化が起こり、大人になった後の行動がスムーズになります。

3. 楽しみながら欲張る習慣を持っている

幸せを感じること、幸せになろうとすることは異常なことではなく正常です。しかしながら、「幸せを拒絶する」を行動で無意識に示している人がいます。

「幸せになってはいけない。」「幸せになる価値がない」と無意識に思っていると、その方向に体が勝手に動きます。

楽しんで良い、欲張って良いと自然に許可を出す習慣を持っていると、潜在意識が活性化します。楽しさ、喜びを得る習慣を1日1回持つこと、我慢せずに貪欲に追求して良いと無意識に思ってる習慣が大切です。

4. 貫くまでに集中する習慣を持っている

どんなことでもよいです。集中力を発揮している瞬間、物事に没頭している瞬間が毎日あるという習慣をもっていると潜在意識は活性化します。

最高の結果が出るまで諦めず、今に没頭できる。今あることに集中し続け、最高のゴールを目指すことで、無意識に浸透し、エネルギーが高まります。

5. 環境をケアする習慣を持っている

努力し続けられる環境を維持しようとする習慣を持っていますか?

現代では、テレビやネットから多くの情報を得ることができますが、情報過多になると顕在意識が優位になり、ブレーキを踏み続け行動できなくなってしまいます。

「行動すれば必ず失敗する」というマインドセットを受けやすくなります。自分が置かれている環境を調整し、自分の思考にゴミを作らせない環境を作ることが大切です。

失敗した、後悔したという体験は、潜在意識に浸透すると、無意識の反応として、「次も失敗する」という臆病さを生み出します。

一歩ずつ着実に、そして、徐々に加速していける環境づくりを習慣づけましょう。

6. 相手を選ぶ習慣を持っている

一歩先をいっている人たち、自分が苦手だと思っているスキルを持っている人たちと一緒に過ごすと、自分の新しい価値を発掘し、潜在意識が活性化されます。

実際に会うのでもよいですし、インターネット上だけの付き合いでも構いません。自分にはないけど、自分が欲しているものをすでに持っている人たちとつながりを持つことを大切にしましょう。

共感できて、自分を認めてくれる人だけでは、潜在意識は成長しにくい環境です。仲間意識は大切ですが、自分が成長できる相手を探すアンテナを持つ習慣があるかどうかが大切です。

7. 質問力を付ける習慣を持っている

自分が自分にどのような質問をしているか?が大切です。

今やっていることは、失敗しているイメージがあるのか?それとも成功しているイメージか?を常に思考していくことです。

自分のモチベーションを上げる言葉を常に持ち歩き、波動を引き上げるフックに使いましょう。

今のままで良いのか?それとも、もっと上昇するのか?あなたの考える言葉次第で、潜在意識が答えを出します。その答えの通りに未来は動き出すでしょう。

8. ポジティブな言葉を多用する習慣を持っている

思考の癖は、すぐには治りません。思考の癖は、毎日使う言葉によって作られています。言葉に気をつけましょう。

「ある」にフォーカスすることは大切です。なぜならば、潜在意識は否定語を受け付けないからです。「欲しい」と思っている状況は、常に「欲しい」という現実を生みます。つまりは、「もっていない」状態です。

欲しいでなく、「ある」にフォーカスし、言葉を組み立てて行くことが潜在意識を活性化させます。

「もっと〇〇」、「どんどん〇〇」、「加速的に〇〇」、「一気に〇〇」など、ほんの一例ですが、今やっていることがどんどん成功していくように、イメージを膨らませる言葉を使うことです。

9. 器を広げる習慣を持っている

人の器は3方向に広がって大きくなります。知恵、スキル、精神の三つです。XYZ軸で捉えると良いでしょう。

知識を得て、体験することで、知恵になります。より良く体験するために、スキルを磨き、正しい方向に自分を導く必要があります。その先にある新しい価値観や美しさに触れ、自分の精神が鍛えられていきます。

知恵、スキル、精神をらせん状に鍛えていくことで、潜在意識が必要とするエネルギーの質が上がっていくでしょう。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
習慣化することで、あらゆる問題は潜在意識が解決に導いてくれます。

まとめ

意識の95%程度は、潜在意識で構成されており、無意識に支配されています。

自分が自分をコントロールしていると信じていても、たった5%程度しかコントロールできていないということです。

潜在意識を使うための具体的な方法は人それぞれで、自分に合う方法を見つけることから始める必要があります。結論として、潜在意識を活性化させるためには、自分を信頼し、新しい価値を貪欲に得ていく、苦しく頑張ろうとするのではなく、楽しむことに集約されます。

このページが、自分の力が発揮できないと悩む人に届きますように。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。