JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

瞑想(めいそう)する意味は?瞑想の効果はすごい?初心者のための瞑想のやり方。

瞑想(めいそう)する意味は?瞑想の効果はすごい?初心者のための瞑想のやり方。

  • 瞑想(めいそう)のやり方を知りたい。
  • 瞑想(めいそう)をするとどんな効果が期待できるか知りたい。
  • 瞑想(めいそう)にはどんな意味があるのか知りたい。

瞑想は、忙しくて自分を見つめ直す時間がない人にとって、特に必要なものです。日本社会では、忙しくて毎日に余裕がないという人は多いはず、もしかしてあなたもその1人かもしれません。

瞑想を行うことによって、頭で考えている以上の成果を上げることができ、より良い未来を得るためのヒントを得られるようになります。それは、あなたの周りにある波動に働きかけることができるようになるからです。

このページでは、瞑想を使い、自分のを活性化させ、波動をコントロールすることで、本当の自分の力を引き出すヒントを紹介するページです。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

目の前にあるすべてのものが波動。

人からだけしか波動は出ていないと思っているかもしれませんが、存在しているすべてのものには、波動が出ています。地球上に存在しているすべてのもの、人、動物、感覚においての信号が波動です。

人はその波動を感じ取ることによって、物事が見えていると錯覚して生活し、波動を受け取ることで実感として情報を得ています。冷たいや暖かいなどの感覚に関するものも波動です。

その波動と呼応するものが、引き寄せられ、呼応しないものが離れていく現象が起こっています。自分に必要なものを、この波長のチューニングによって、通常は無意識に受け取っています。

この波長に合わせ、自分を見つめ、無意識を有効に使うことができるようになる方法の一つが、瞑想です。では、瞑想はどのように行うのが一番良いのでしょうか?

瞑想(めいそう)に最適な環境を作る。

リラックスできる環境を作りましょう。五感を無駄に刺激するものが周りにあると、β波が活性化されてしまうため、考えることをやめられなくなってしまいます。瞑想は考えるのではなく、感じることが必要とされるものです。

できるだけ自然に近い状態に身を委ねら得るような環境を整えていきましょう。そして、自分の好きなものを近くに置くことで、瞑想状態に入りやすくなります。アロマやぼんやりとした光、手触りが好きなもの、などなんでも良いです。自分にあった環境をすこしずつ構築していきます。

目を閉じる。

どの環境でもできるようになるのが一番良いのですが、まずは自分に良い環境を整えることで、瞑想のやり方を覚えていきます。環境が出来上がってきたら、眼を閉じましょう。

思考をするのをやめましょう。

頭の中で「あれをやらなきゃ、これをやらなきゃ」というぐるぐる回っている思考を徐々に静かにしていきます。

リラックスしましょう。

脳波が落ち着いていく感覚を得ていきます。

が柔らかくなる感覚です。

何かに追われているのは、もうやめましょう。

どんどん、リラックスしていきます。

五感が敏感になり、周りの小さな音に敏感になる。でも、思考はせず、ただ受け入れている。

感じることに集中しましょう。

眼を閉じることで、我々はリラックスしできるようにできています。頭がフル回転している状態がやめられないのであれば、まずは、その思考をとめていくことから始めましょう。

眼を閉じた状態で、眼の奥をリラックスさせ、瞳孔が開いている状態、イメージとして、黒目が大きくなり、暗闇の中で、見通している感覚を持ちましょう。

数分だった段階で、「こんなことをしていて時間の無駄だ」「自分が悪いんじゃない」などの思考が邪魔をしてくるかもしれません。

これはベータ波によるもので、瞑想の邪魔になる存在です。少しずつ静かになるように、心を静めていきます。

深呼吸をする。

脳の雑音が徐々に静かになってきた段階で、深呼吸をしましょう。静かにそして深く行います。心の奥がリラックスし、更に深い瞑想状態に入っていきます。

呼吸は、生きていく動作の中で大切なものです。外の空気をとり入れることは、波動を取り入れるきっかけになります。脳の雑音がほとんど聞こえなくなるまで、行いましょう。

音が聞こえなくなるのではなく、脳の思考が静かになる感覚です。

体を緩める。

思考をやめ、深呼吸することができるようになったら、すでに瞑想状態に入っています。しかしながら、体に力みがまだ残っていると、より深い瞑想状態に入ることができません。

体の緊張をすこしずつほぐしていきます。体の一部分に集中して、弛緩することを行なっていきましょう。足先がゆるむ。ふくらはぎがゆるむ。ふとももがゆるむ。腰回りがゆるむ。お腹がゆるむ。胸がゆるむ。といったように、少しずつ体の力を抜いていきます。

ゆるむことを実感できるようになれば、ゆるむことができている証拠です。緊張していると、波動を吸収することができません。

しっかりと体をコントロールし、力を抜いていきましょう。

脳の雑音に身を任せない。

慣れていないと、すぐに思考の世界に逆戻りし瞑想をキープできません。そして、焦っている状態でも、瞑想することは難しくなります。やらなきゃいけない!と思うことで、思考がフル回転してしまうからです。

瞑想に入るとは、脳の雑音を静かにし、本当に必要な情報をひきだせるようにするものです。最初は慣れないかもしれません。5分程度しっかりと、脳の雑音を静かにし、心の緊張をなくし、体の緊張をなくし、瞑想できるようになるまで練習が必要です。

そして、瞑想することで、自分の中の無意識にアクセスし、今必要とされるメッセージを受けることができるようになります。

まとめ。

古来より瞑想は必要とされてきました。日本では座禅という文化があるように、瞑想は日本人にとっても、必要なものだったのです。現代社会では、電気的な情報の流通の進化によって、脳が休まる時が少なくなっています。

スマホやテレビ、パソコンなどで、いつでも脳が情報の海にさらされている。そして、頭で考えることだけに注力する。それでは脳の本当の力を発揮することはできません。瞑想状態はアルファ波が多く出ている状態です。アルファ波はリラックスしている時に起こります。

瞑想が上手な人は、仕事中でも、趣味をしている時でも、どんな時でも、自分の心の奥に入っていき、自分の無意識をコントロールできるようになっています。

あなたがもし、頭でいくら考えても答えが出ないのであれば、瞑想をし、新しい着想を思考から得るのはどうでしょうか?

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。