JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

簡単にできる瞑想(めいそう)の呼吸のやり方。瞑想の習慣化でメリットを得る方法

簡単にできる瞑想(めいそう)の呼吸のやり方。

  • 簡単にできる瞑想(めいそう)のやり方を知りたい。
  • 瞑想(めいそう)ってどんな効果があるのか知りたい。
  • 呼吸をして、瞑想(めいそう)するとはどういうことなのか知りたい。

瞑想は、世界的に有名な会社も取り入れている自分のパフォーマンスを上げることができるようになる手法の一つです。瞑想をマスターすると、良い気と悪い気を見分けることができるようになり、自分に必要なこと、必要のないものを見分けることができるようになります。

クリアなマインド、頭の回転の速さ、適切な決断、このようなものは、瞑想が備わっていると、上手に体と頭を動かせるようになり、実現が近づきます。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

瞑想(めいそう)とは何でしょうか?

瞑想とは、内をクリアにしていく方法の一つです。呼吸と体に意識を集中させることで、今の自分の状態を知ることができ、自分に必要なこと、自分にストレスを与えていることがわかるようになります。

日々忙殺される中で、自分のマインドがクリアになっていないと、ただ同じところをぐるぐる回ることになってしまい、一向に成長しない、進化しないという状態になってしまう危険性があります。

瞑想をすることで、日々のパフォーマンスを上げ、より効率的に行動することができるようになるでしょう。

毎日行うことで、いつしか大きな差を生み出すものが瞑想です。一回やっただけでは、大きな効果はありません。特定の道具や場所も必要としないので、いつでも気軽に行うことができるのがメリットです。

瞑想(めいそう)のための呼吸の仕方。

瞑想において、呼吸は非常に大事な部分を占めます。呼吸は、外気を取り入れるだけではなく、新鮮でポジティブな気を取り入れること、そして、良い波動を取り入れることを言います。

良い気に満ちた自分を手に入れ、悪い気は即吐き出すことです。自分のパフォーマンスを保つことができるのです。

下記の方法は、元総理も行なっていると言われる呼吸法です。あなたの生活に取り入れることで、徐々に頭がクリアになっていくことと思います。

準備:楽な体勢をとる。

頭から腰骨のあたりまで一直線の状態にします。前傾姿勢になったり、後ろに傾いたりせず、バランスよく楽な姿勢をとるようにしましょう。肩こりや腰痛がある人は、無理をせず自分が楽だと思う姿勢で大丈夫です。椅子に座ってやるか、立ってやるかは個人によって違います。

その状態で、胸を張り、お腹が圧迫されていないか確認します。空気が入るための空間を確保するためです。その状態で目をつぶる、あるいは半眼状態を作り、体の力を抜きましょう。

体の力がうまく抜けない場合は、体の一部分一部分に集中しながら、意識的に行なっていきます。最初は難しいかもしれませんが、慣れてくるとうまく体の力を抜くことができるようになるでしょう。

4秒:鼻でゆっくり息を吸い込み、お腹にためる。

楽な姿勢が取れたら、鼻からゆっくり息を吸って、お腹にためていきます。これを4秒間かけて行いましょう。体に無理をかけながら息を思いっきり吸ってしまうと、体が拒絶するので、しっかり息を吸うことができなくなってしまいます。

自然な呼吸をすることが大切です。自然で楽な呼吸を保ったまま、息を吸うことに少し意識を持つ感覚が大切です。イメージとしては、体がしたいと思っている呼吸を感じ取りながら行いましょう。体全体に空気が流れ込んでくるイメージです。

行動をしなくちゃ!と常に思っている人は、息を吸うことに集中しがちです。ゆっくり空気を取り入れる感覚を持つことが大切です。

7秒:お腹に意識を集中させ、少し力を入れて、呼吸をとめる。

お腹の中に取り入れた空気をまずは、一旦体に留めます。そうすることで空気が循環し、体の中を回りやすくなるからです。息を吸いすぎてしまった人、息を吸わなすぎている人は、7秒を待たずして、息を吐いてしまうことになると思います。

適切な量の息をすることで、体に負担なく、そして、体から拒絶される反応もなく呼吸を止めることができます。

腹式呼吸となるので、お腹はもちろんできれば、背中の腰の部分も膨らむように徐々にやっていくのが良いでしょう。無理なく取り入れられる空気の量が大きくなるほど、身体中を回る空気の量は、多くなります。

へその下あたりに丹田と呼ばれる場所があります。ここに力を入れることで、精神面のバランスを整える効果があります。また、お尻に力を入れることで、さらに精神バランスの強化が行えるでしょう。

8秒:口からゆっくりとすべての息を吐き出す。

8秒かけてゆっくりと全ての息を吐き出します。吐く時も体に負担がかかり、体に負担がかかると続けることが難しくなりますので、適切な負荷をかけつつ、ゆっくり吐くことが大切です。

その時に、体の中にある悪い空気を一緒に吐き出すイメージを持ちます。頭のてっぺんからつま先まで、空気が行き渡り、悪い毒素を一緒に絡めとり、口から出ていくイメージです。

体の反応を見てみましょう。体が暖かくなる感覚があればOKです。繰り返す行うことで体がポカポカする感覚になるでしょう。

悪い空気を出すことで、新しいフレッシュな空気を取り入れることができるようになります。

繰り返す。

呼吸法は繰り返し行うことで、より高い効果を生むことができます。一度行っただけだと、悪い空気を出し切ることは難しくなります。ちょうど汚い水がコップの中に入っているのを新しく美しい水を入れて浄化させるようなイメージです。

コップの中に何度も水をいれることで、水がきれいになっていきます。それと同じように、良い空気を取り入れ、悪い空気を外に出すことを、普段の生活で意図せずやれるようになることを目指しましょう。

「よしやるぞ!」という状態は、できていない自分を奮い立たせる言葉です。そうではなく、当たり前のようにできている感覚を持つまで習慣づける必要があります。繰り返し行っていくうちに、感覚が研ぎ澄まされてきます。

まとめ。

瞑想を普段の生活に取り入れることで、生活のクオリティ(QOL)が上がります。空気というものは気を大きく含んでおり、気は波動と同じです。良い波動を取り入れ、悪い波動を吐き出すことで、を縛るものが徐々に減っていくでしょう。

心が軽くなり、体が軽くなることで、日々の活力が生まれていきます。丹田などに集中することで、精神的にも安定する効果が期待できます。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。