JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

思考の現実化のスピードを早める方法。未来のイメージを脳で作り引き寄せを強化する。

思考の現実化のスピードを早める方法。未来のイメージを脳で作り引き寄せを強化する。

  • 思考の現実化が遅いから早くしたい。
  • 未来の良いイメージがうまくできないので、なんとかしたい。
  • 良いことを引き寄せるイメージのトレーニング方法を知りたい。

「思考は現実化する」「引き寄せの法則」などで、思い描いたものは未来で現実化できると言われています。何年も思い描いているのに、なぜかうまく言っていない人と、すぐに現実化できてしまう人がいます。この違いは何でしょうか?

このページでは、現実化するためのイメージする方法とトレーニングについて解説します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

イメージできるものは、現実化できる。

未来の目標をイメージできれば、現実化が近づきます。逆を言えば、イメージできないものは、現実化できないということです。人の中には意識があり、意識は大きく二つに分かれます。

顕在意識潜在意識です。顕在意識は意識全体の5%程度で、潜在意識は95%程度です。日頃思考していることは、この5%しか意識の力をつかっていないということです。

潜在意識はイメージすることで活性化される意識です。潜在意識は、その周りに存在しているすべての意識、集合意識とつながることができ、顕在意識の6万倍以上もの力を使うことができると言われています。

脳でイメージ化することが苦手な人

「それは、あなたのただの妄想でしょ?」と言われ、少しでも傷ついた経験がある人は多いはず。妄想はいけないことで、そんなありもしないことを妄想することは、「悪」であるという風潮が現在も強い傾向にあります。

こういう風潮が蔓延(まんえん)しているがゆえに、イメージすることを拒絶し、拒否し、やめてしまう人が増えています。

「現実的な解決方法に集中しろ!」「それはどうやってやるのかね?説明しろ!」と言われると、途端に妄想すること、妄想する時間を作ることが怖くなってしまいます。

世の中は情報がおおすぎて、情報だけで解決しようとする人が多く、常に理由ややり方を求められます。そして、そのやり方が理解されないと、納得までたどり着かないのです。

このような背景から、でイメージ化することが苦手な人が増えています。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
現実解を求めすぎていると、どんどん可能性を狭くする。

左脳と右脳の違い

脳でイメージすることは、誰でもできることです。脳に大きな障害を抱えていない限り、脳内でイメージすることは、練習することで強化することが可能です。

脳は、二つの部分で構成されています。左脳と右脳です。左脳は論理的なことをつかさどる脳で、理由づけや順序立てて説明することが得意な脳です。右脳は、創造性やイメージをつかさどり、ビジュアルでイメージすることが得意な脳です。

左脳を使うのが得意な人

  • 文字で情報を捉えるのが早く、正確。
  • 論理立てて話ができる。
  • 理由の説明ができる。
  • 失敗を未然に防ぐ案が思い浮かぶ。
  • 危険を回避できる能力が高い。

右脳を使うのが得意な人

  • 色や形で情報をとらえるのが早く、正確。
  • 情景で物事の順序を把握できる
  • 五感とリンクしてイメージ化できる
  • 理由の説明は上手ではない。
  • 危険をイメージできない。

左脳が優位な人は、右脳が優位な人を、どんくさいとか融通が効かないとか、「今、その話していないよね?」などと言って責める画面が多く見られます。一般的に左脳が優位な人を頭の良い人、右脳が優位な人を頭の回転が遅い人と言われがちです。

右脳が優位な人は、左脳が優位な人に責められて、自分に自信をなくす傾向が強いように感じます。

絵を描く、写真の構図を取るのがうまい、突拍子もないアイデアを思いつくけど、うまく説明できないなどの特徴があります。

思考の現実化を早めるには、右脳を優位にする左脳の使い方、左脳を利用した右脳の使い方を考える必要があります。
イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
左脳と右脳をコラボさせる。

思考の現実化スピードを早めるためのイメージ化の練習

一つの練習方法として、「頭の中でじゃんけんをする。」を脳裏でイメージしてみましょう。

じゃんけんは、ぐー、ちょき、ぱーで構成され、手をつかって、握る、二本指を出す、すべての指を出すで、構成される勝ち負けのあるゲームです。

このように、文字で説明するのではなく、頭の中でイメージすると、瞬間的に脳内で表現することが可能なことに気づくと思います。これが、右脳を使っている状態ということです。

左脳を使うことを常に考えていると、イメージすることよりも、「どう説明すべきか?」に注力され、イメージ化が上手には行えません。

じゃんけんでイメージングの練習

では、頭の上に、二つの手を想像しましょう。

右手と左手でも良いです。右手がパーであれば、左手に勝つためには、左手はグーを出している状態をイメージする必要があります。答えがあっているかどうか?を左脳で考える瞬間はさほどありません。直感的に逆の方の手は何を出せば良いか?をイメージしてください。

  • 右がグーで勝つ、「じゃんけんぽん!」。
  • 左がパーで負ける。「じゃんけんぽん!」。
  • 右手がチョキで負ける。「じゃんけんぽん!」。

左脳で結果を出しながら、右脳で結果をイメージすることができましたか?

左脳の力をあまり使わなくても、右脳だけで答えが出せるようになれば成功です。直観力が備わっていきます。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
イメージすることに注力すること。

左脳と右脳の関係性

左脳と右脳の役割は、上述しました。では、どのように左脳と右脳は影響しあっているのでしょうか?

左脳のデメリット

  • 常に回避する方向に動く。
  • 現状維持を目的とする。
  • 一括処理をするために必要なものを見過ごす。
  • 常に何かに配や不安を抱える。

左脳のメリットでもあり、デメリットでもあるのは、常に最適化を考えているというおとです。問題が発生するのであれば、それを回避し生命を守る。危険が起こりうる可能性があるならば、その方向に思考を動かさないようにすることです。

一見、とても大きなメリットに思えますが、楽をしようとするのが脳です。ずっとフル回転していると、脳はエネルギー切れを起こし、無意識での体の維持もできなくなる可能性があるので、エネルギーを抑えて稼働しています。

過去の経験の感情が左脳に指令を出し、「前にもこんなことがあったはず!だから、今は動くな!」という風に。「嫌だ!」危険だ!危ない!と感情が左脳に指令を出し、右脳のクリエイティビティを押さえつけようとします。

クリエイティビティを右脳で発揮するためには、左脳からの指令を抑えること、そのためには、感情を受容することが重要です。

感情を受容することで、左脳を解き放つ

左脳に危険や不安や心配を伝える感情は、過去からの記憶が原因となっていることが大半です。これまでの経験を利用して、「失敗しないように」することで、人は効率化を図り、日々の生活に役立てています。

意識は、時系列を把握しません。つまりは、過去、今、未来も同じところに存在しており、過去の記憶の感情は、今、この瞬間に作られているということになります。「嫌だったなー」「危なかったなー」「怖かったなー」という感情は、今生まれているもので、過去の「事実」から生まれているものではないということです。

過去の認識を今、この瞬間に変えることができれば、今が変わり、今の連続である未来へのイメージも変わる。そうなることで、思考の現実化のスピードが加速することになります。

左脳の思考のエネルギーを奪う感情を抑えるためには、「受容する」ことが有効です。

  • 「あの時は、ああするしかなかった。良い経験になった、これから生かしていく、ありがとう」
  • 「あの時は、怖かったな。でも、この経験があるからこそ、未来の自分をもっと成長させることができる。ありがとう」

理解ではなく、納得することで、感情のストッパーがはずれ、左脳が右脳に力を与えるようになります。

まとめ

頭の中で、はっきりとイメージすることができれば、右脳が活性化され、未来のイメージが生まれ、自然とその方向に無意識に体が動くようになります。無意識は、潜在意識が得意とする分野で、人の生命の維持にも使われているものです。

頭を振り絞って左脳で考えても、感情が邪魔をしてしまっては、あなたの本当の力は発揮されません。

あなたの願望を現実化したいのであれば、脳でイメージすることを少しずつ始めていくことをお勧めします。

あなたのなりたい自分が少しでも近づくことを願っています。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。