JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

目標達成力を上げる対処法。目標を達成する力は潜在意識で効率化。

  • 目標を達成したいのに、達成するイメージが持てない。
  • 達成しにくい目標にどう対処していいかわからない。
  • 意識を強く持てば達成できる!の意味がよくわからない。

目標と聞くと、嫌なイメージがある人は多いはず。毎日目標に追われ、ノルマに追われ、常に自分ではない何かをやらされている感覚がある人もいるかもしれません。

このページでは、目標達成に必要な意識のあり方、の使い方、感情の処理の仕方について解説します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

目標達成力は、個々のパフォーマンスに左右される。

何かを成し遂げようとする時に、チームのパフォーマンスを考えるはずです。チームとは、目標を達成するために結成されたグループです。所属する個人だけでなく、関係するすべての人、そして関連する波動をもったものにも影響を及ぼします。

個々の意識の差によって、目標の達成度合いが変化することは当たり前でしょう。個々のパフォーマンスをアップさせ、個人の目標、そしてサポートしてくれるすべての人やものの次元レベルを上げることで、目標達成力が高まります。

常に心が幸せである状態にする

脳のパフォーマスを上げるには、幸せを感じている状態である必要があります。

ここにコップが一つあるとイメージしてください。そこに注がれる水。いっぱいになるとあふれ出し、下へと落ちていきます。コップが人のの器、水が幸せの感情です。いつも幸せが足りない足りないと思っていると、周りに幸せを振りまくことはできません。奪い合う世界になり、最後には破綻します。

そういう状態になると、人は判断能力が鈍り、「自分だけ良ければよい」という判断をしがちになります。

まずは、自分の器、チームメイトの器を幸せでいっぱいにする仕組み作りが必要です。

満たされていない人には、満たされていない人が集まり、満たされている人には、満たされている人が集まります。目標達成力を上げるためには、満たされている人、そして分け与えるマインドを持つ人の数を増やすことが大切です。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
器を満たそう。達成欲が生まれる。

すべては目に見えないエネルギーでつながっている。

ちょっとスピリチュアルな話をすると、意識は二つで構成されており、潜在意識顕在意識があり、潜在意識は意識の95%、顕在意識は5%程度を占めています。顕在意識は、私たちが思考できる、考えることができるもので、たった5%程度にとどまっています。

潜在意識は、集合意識へメッセージを送ることができます。集合意識とは、人やもの、すべて意識です。この中にチームメイトや関係する人やもの、すべてが含まれています。

つまり、あなたの潜在意識に働きかけることで、他の人とつながることができるということです。

目標達成力を高めるためには、チーム力を高めること、そして、その引き金になるのがあなたの潜在意識ということです。

ネガティブな思い込みが、目標達成を妨げる。

脳は常にネガティブな判断をするように作られています。それは、現状維持が最高であると認識する力が強いためです。今まで大丈夫だったから、これからも大丈夫なように振る舞うことが良しとされるのが脳の機能だからです。

目標達成をしようとした時に「こんなことできるわけない」と無意識の自分が囁(ささや)きます。

これは、脳が、無意識に「やっても無駄だったらどうするの?今のままがよくない?」「やって成功したとして、今までの生活が壊れるのは怖くない?悪くなるかもしれないよね?」と瞬時にとらえるからです。

まずは、この脳の無意識の囁(ささや)きを沈めないと、本来の力は発揮されにくいということになります。脳のリミッターを外すという言葉が使われるかもしれませんが、このネガティブ感情をコントロールすることが、リミットを外し、潜在意識を活用するのに必要だということです。

ネガティブな思い込みをコントロールするためには、まず観察することが大切です。観察している自分に気づくことです。

ネガティブな思い込みが生まれる理由

子供の頃に受けた記憶が、今、無意識の中に蘇(よみがえ)り、あなたの行動をストップさせています。

子供の頃に何か頑張って伝えたことを無視された経験。おそらく、誰にでもあると思います。ただ、ほとんど覚えていないほどの記憶。でも、潜在意識は記憶を失うことなく記録し続けています。

子供の頃に「頑張っても伝えるのは無意味だし無駄、自分が傷つくだけ」という感覚が、今、この瞬間に吹き出して、自分を無価値として、認識させてしまっているのです。

ただ単に、話しかけた時に、他の子供がケガをしていて、介抱している真っ最中だったのかもしれません。他のことで手一杯で話を聞いてあげられなかっただけかもしれません。それを「自分には価値がない」と思ってしまっている状態であるということです。

目標達成をしようとした時に、「無理かもしれない」とよぎった時は、なぜそう思ったのか?を子供の頃の自分に聞いてみましょう。何か違和感を感じた時は、子供の頃の感情の記憶が大きく影響している証拠です。

メンタルブロックを観察する

メンタルブロックとは、子供の頃に必要で自分を守ってきた鎧(よろい)です、今は大人になってボロボロになって使えなくなっているかもしれないけど、お世話になった鎧(よろい)です。

「メンタルブロックを解除しよう」という内容が散見されますが、突然取り除いてしまうと、むき出しの意識がさらけ出され、自分ではコントロールできなくなることがあります。

暴力的になったり、イライラが絶えなくなったりと情緒が不安定になることがあります。

メンタルブロックはただ邪魔をしているのではなく、これまで大切にしてきた大切なものです。目標達成のために、邪魔扱いしてしまっては、物事はうまくいかないでしょう。

メンタルブロックは、観察することから始めることが大切です。「どうして、そのメンタルブロックが必要だったのか?」「何を守ってきたのか?」を観察し、見つけ出しましょう。きっと目標達成のための鍵の一部になるはずです。

その上で、メンタルブロックを外す時がきたら、手放して新しい鎧(よろい)を手に入れ、そうやって成長し、目標達成のイメージに見合った意識のレベルにあげていきます。

ひらめきを活用する。

目標達成には、障害がつきものです。そして、目標は、今まで自分が成し遂げたことがないことをやることが前提となっている場合が多いです。そのためには、潜在意識からのひらめきをヒントとして活用することで、目標達成が加速します。

ひらめきは、脳が安心・安全を感じている時に起こります。顕在意識で思いっきり思考します。すると、そのエネルギーが潜在意識に蓄積されます。その後、集合意識に運ばれ、ヒントが潜在意識へ送られます。

思考していない時、つまりはリラックスしている状態にひらめきが与えられます。何かに行き詰まった時は、しっかりと思考を休ませることが重要です。

失敗のイメージは、無理に押さえ込もうとしない。

目標達成の途中で、「失敗する!」「駄目かもしれない」というイメージがどうしても生まれてきてしまう場面があるかもしれません。そんな時に「そんなネガティブなイメージをしてはいけない!」と自分を鼓舞し続けると、失敗につながります。

ネガティブなイメージは、「見ないようにする」ことで、巨大化するからです。失敗するな!失敗するな!といい続けると、失敗の確率が上がっていきます。失敗を引き寄せることになるのです。

失敗のイメージが思い浮かんだら、「そういう可能性もあるね。しっかり記憶しておく。ありがとう」といって手放します。それは、失敗にフォーカスしないようにするためでもあり、雑念で集中力を邪魔されないためにするものです。

ネガティブな感情は、何かをする時にふと浮かんできて、行動を邪魔するものになります。抑え込むのではなく、一度受け入れて、手放すイメージを持ちましょう。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
失敗のイメージも、受け入れる。

根拠のない自信を大切にする。

説明できる根拠は、過去の記憶からもたらされるもので、説明する時に求められます。自分に対しての根拠は、意識の奥にあるもので、説明を必要としない、というよりは説明はできないものが本物の自信です。

顕在意識は言葉を操る意識、潜在意識はイメージを操る意識です。言葉で説明できる根拠は、顕在意識だけを使っていて、自分を納得させるために使われている場合が多いです。潜在意識は、イメージによるものなので、説明ができない、つまりは根拠がないものです。

なんとなく、いい感じがする。なんとなく、悪い感じがするというのは、潜在意識からのメッセージです。潜在意識は、集合意識と結びつき、顕在意識の6万倍もの力を発揮します。

根拠のない自信を常に自分の中で確認することで、スムーズな目標達成が見込めます。

ワクワク感とリアルなイメージを持つ

目標達成をイメージすることが大切です。このイメージとは、目標を達成した時のワクワク感を、今まさに味わっているような感覚を常に持つということです。

達成していないのに、どうやってそんな感覚を持つことができるのかというと、妄想力が関係します。妄想ができないのであれば、過去の事例から、達成した時の感覚だけを取り出して、この目標を達成したら、同じような良い感情が芽生えるに違いないと妄想し、体が自動で反応するぐらいまでイメージすることです。

そのイメージが持つことができたら、ヒントが目の前に現れた瞬間につかみとることができます。チャンスは、一瞬目の前に出た瞬間に1秒以内に取らないと逃げていってしまうものです。

ワクワク感は、このチャンスを掴(つか)むセンサーの役割を果たします。

まとめ

「目標達成の意識を持て!」という言葉には、たくさんの意味が込められています。潜在意識への働きかけだったり、ネガティブ感情への対処法だったり、ワクワク感をイメージすることだったりします。

目標を達成することに尻込みをすることがあるならば、このページを思い出してもらえれば幸せです。あなたの人生の目標が少しでも達成に向かうことができたら、このページ意味があったと言えましょう。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。