JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

めんどくさい人間関係を良くするために手離す。傾聴力の使い方とマインドフルネスの意味を考える。

めんどくさい人間関係を良くするために手離す

  • 子供が言うことを聞いてくれない。
  • 会社の人に意見が伝わらない。
  • 複雑な人間関係の悩みが尽きない。

を落ち着かせ、整え、集中させることで、人間関係をより良いものにすることが可能です。

このページでは、マインドフルネスにフォーカスをし、人間関係を良くするためのヒントを掲載します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

マインドフルネスとは?

あるがままの自分を受け入れ、感情をコントロールし、静かな心の中で、自分の思考を最大限支えている状態です。

マインドフルネスを自分の中で作れるようになると、心の中にある大きな波が静まり、静かな水面の上に立っているような状態になります。

人は、外界から多くの刺激を受けています。その刺激が感情に波を作り、自分自身を飲み込んでしまっているのです。

マインドフルネスで、心を整え、平穏にすることで、本当の意味で自分と相手との対話ができるようになります。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
自分の対話と相手との対話

良いコミュニケーションを取るために

人間関係が複雑になる理由は、人同士が気を使い、主張することを恐怖することで、「できない」という感情が生まれて起こることが多くあります。

「あの人には何を言っても伝わらない」「あの人は何を言っているのかわからない」と言ったことで起こります。

そう言ったコミュニケーションの裏には、「わかってもらいたい自分」と「わかってもらえるはずがない自分」が同居しています。

その感情が相手と壁を作り、対話ができなくなってしまうのです。良いコミュケーションを取れるようになるためには、あるがままの自分をまずは肯定することから始まります。

子供の頃の記憶

「わかってもらえるはずがない自分」はいつでも、今この瞬間でも顔を出すことは多いと思います。それはあなたが幼少時代にまで遡ります。

あなたを育ててくれた人からどのようなコミュニケーションを受けてきましたか?

90点を取った自分に、100点まで頑張れと、「まだ足りないあなたを否定する言動」を受け取ったことはありませんか?

何かを弟や妹にしてあげたのに、「お兄ちゃんだから、お姉ちゃんだから」と、まだ足りないと言うメッセージを受けてきましたか?

ご両親に何かをプレゼントしたのに、「こんなものいらない」と言われた経験はありませんか?

思い出せなくても、こう言った小さな経験(自分が記憶している感情)が今の自分の反応につながっています。

わがままを言うな!人の言うことを聞け!言いたいことは言うな!と言ったメッセージを受け続けてきた場合、今のあなたの行動にリンクして、もう一人の自分がストップをかけてきます。

子供の頃の感情を受容し、乗り越えることがより良いコミュニケーション取るために必要です。

今、この瞬間に集中する

自分の感情を見ないようにしろ!というのではなく、自分の感情を観察できるようにする。そうすることで、コントロールできるようになり、マインドフルネスの第一歩になります。

感情のエネルギーに拘束されてしまっては、思考の力が働かなくなってしまいます。そして、躊躇し、伝えたいことが伝わらないと言うことが起こるのです。

過去の経験からくる感情、未来への不安からくる感情をコントロールし、今この瞬間に集中することがマインドフルネスの鍵、そして、人間関係を色眼鏡で見ないようにすることです。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
感情は色眼鏡で外を見ることを強要してくる。

感情のエネルギーに拘束されない

相手に何かを伝えようとするとき、不必要な感情が顔を出します。「伝わるわけがない」「伝えたら怖い目にあう」などの虚無感です。その感情に拘束されている限り、あなたの思いを伝えることは難しくなります。

そんな時の一つの対処法として、事実だけを述べることがあります。自分の感情、相手の感情は表現しない。感情のエネルギーを吐き出さないことで、感情のエネルギーを限りなく0に近づけていきます。

そうすることで、自分の心を感情のブレを少なくすることができるでしょう。それができた上で、自分の心の状態を伝えることに集中する。相手が動くか動かないかは、相手次第です。あなたの内側からくるエネルギーに集中しましょう。

話を聴く

人の話を聞きなさいと言われたことはあるかもしれませんが、実際のところは、どうなのでしょうか?マインドフルネスでは、思考が静寂している状態で、本当の意味で、「聴く」ことができるようになります。

感情の波の中で、ぐるぐる回ってしまっては、相手の話を聴くことはできなくなります。聴くとはつまり、傾聴のことです。純粋な気持ちで自分の思考が静かな状態で、相手に素直な興味を向けることが、聴くことにつながり、人間関係を向上させます。

そうすることで、相手に本当の意味で安心感を与え、自分の心の奥にある気づかなかった潜在意識と寄り添うことができるようになり、癒しと解放が起こります。

自分との対話で心を整える

人は毎日6万回も思考していると言われています。その思考をトリガーにして、自分が作り出した過去の感情を呼び起こし、反応していては、心が休まる暇がありません。

インターネットやテレビで情報を見る度、聞く度に反応が起こる人は要注意と言えます。

思考が出ると感情も一緒に出てきます。まずは感情があることに気づくこと、感情にコントロールされないこと。感情を受容し手放すことで、心は整います。

顕在意識で認識し、受容することを習慣化することで、心のゴミが取り除かれ、潜在意識へダイレクトにリクエストが伝わるようになります。

その状態であれば、人の話を聴くこと、そしてあなたの意識を伝えることが可能になるでしょう。

意識の領域を広げる

自分の感情をコントロールし、思考の力を使い、顕在意識をコントロールできるようになったら、その力を周りの人を助けることに使いましょう。そして、その領域をどんどん広げていきます。

思考が届く範囲は無限です。ちょうど、小さな池に川から水が流れ込んでくるように、そして、その水は海につながっているように、あなたの思考も、他の人の意識とつながっています。

人間関係を良くする本当の意味は、あなたの意識のレベルをその人の意識に到達するまで、澄んだものにすることです。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
もっと広い世界まで、あなたの意識が広がるイメージ

まとめ

人間関係の悩みは、時として人の人生を左右する大きな問題になります。命を落とすことにつながることもあるかもしれません

感情のエネルギーを流すと、最終的には自分に返ってきます。自分の中でコントロールできるようになると、周りの反応が変わってきます。

内側にある感情を癒し、自分の思考の集中することで、人の話を聞き、相手がほしがっていることを伝えることができるようになるでしょう。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。