JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

嫌いな人を無関心になる方法。無関心になりたいのになれない理由と意識への対処法

嫌いな人を無関心になる方法。無関心になりたいのになれない理由と意識への対処法

  • 嫌いな人がいつも頭に浮かんでしまって逃げられない。
  • 嫌だなと思う人が増えたような気がする。
  • 無関になりたいのに、嫌いな人がいつも目の前に現れるのをどうにかしたい。

嫌いだ!嫌だ!いなくなってほしい!と思えば思うほど、嫌な人がイメージされて連絡が来たり、目の前に現れるようになったりします。

このページでは、嫌いな人、嫌な人に対して無関心になるための対処法をお伝えします。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

嫌いな人に関心を持ちたくない。

話したくない人、考えたくない人がいつも頭に浮かんだり、目の前に現れたりして気が散る。気が散ると生活に支障が出て困る。嫌いな人に関心を持つことは時間の無駄でどうにかしたいと思うもの。

嫌いな人がいつも頭の中でいっぱいになると、「嫌だ嫌だ!」が先行して、いつも逃げたい気持ちになるでしょう。逃げたい気持ちは、体にも影響を与え、胃が痛くなったり、肩が凝ったり、頭痛がしたりと痛みにつながることがあります。

考えたくないのに考えてしまうことは、習慣的に連続して行うと、心と体に大きな負担になります。関心を持つとは、読んで字のごとく、「関わる心」という意味です。関心を持つとは、心が関わっていることを意味します。

潜在意識と関心の関係

人の意識は、大きく二つに区別されます。意識的にコントロールすることができる顕在意識無意識でコントロールされている潜在意識です。顕在意識は、意識の5%程度を占めています。潜在意識は残りの95%を占めており、大半が意識的に思考しているものではないことがわかります。

つまりは、私たちが意識できているものはほんの数パーセントで、残りは意識できていないということです。関心があるかないかにおいて、どうしても意識してしまうというのは、この潜在意識が多く関係しています。

勝手に嫌いな人に関心を持ってしまうということは、無意識が関係しているのです。この無意識はどのようにして作られるのでしょうか?

嫌いな人を無関心になれない理由

子供の頃の過去の記憶が感情を作り、感情を常に感じ続けていると心は無意識の箱にしまいこんでしまいます。この無意識の箱に入っているものが漏れ出して、顕在意識に働きかけて、「あの人きらいだな」と認識しているということです。

「ちゃんとやらない人が嫌い」を例にとると、子供の頃に「ちゃんとやらないとご飯抜きよ!」や「しっかりやらないとおもちゃを買ってあげないから!」と言われた経験が、重なって無意識に浸透し、「ちゃんとやらない人は悪である」と常識にしてしまったということです。

ちゃんとやることが常識で、やらない人は非常識であり、目の前から消えるべき存在と無意識に感じてしまっています。無関心になれないのは、無意識の箱の中を探ることができないため、原因がわからないからです。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
原因がブラックボックスにしまわれている。

脳は必要なものしか見ない。

の構造上、過去に見たもの、感じたものは、経験上「こうである」と勝手に思い込むことで楽をしています。

日々、生活していることを全く新しいこととしてすべて最初から認識しようとすると、時間がかかります。過去の事例を無意識の中で判断し、照らし合わせて「判断する」ということを行うことが効率が良いと考えるためにです。

「人の認識」もこのシステム入っていて、「嫌いなものは嫌い」と理由なく(本当はあるが深く考えず)瞬時に判断してしまう傾向があるということを覚えておきましょう。この一瞬の判断を止めることができず、無関心になれないのです。

無関心になろうとすればするほど、関心を持ってしまう。

「ピンクの車を想像しないでください」と言われると、一瞬でピンクの車を想像してしまいます。これは、脳はイメージで捉える時は否定することができないためです。

嫌いな人も同じで、嫌いな人を意識しないようにすればするほど、無関心になろうとすればするほど、目の前にありありと思い浮かんでしまうものなのです。

嫌いな人から逃げようとすればするほど、嫌いな人から連絡があったり、話しかけられたりするようになるのはそのためです。

嫌いな人はあなたに必要な人である。

「無関心になりたいのに、どういうこと?」と思われるかもしれませんが、嫌いな人は、潜在意識がメッセージとして伝えたいことがある場合に現れます。

嫌いな人は、過去の記憶の感情から生まれるという話をしましたが、その記憶は子供の記憶であり、大人になるにつれて、必要のなくなるものです。

嫌いな人が頭から離れないのは、今まさに成長する時であり、脱皮して新しい概念を捉える時が来ている時です。

その人があなたに何を求めているのかわかりますか?その求めているものは、あなたに体験から答えられるものはありますか?

それが見えた時、その嫌いな人は納得しあなたの頭の中から去っていくでしょう。

あなたがすでに持っているものを与えること。

嫌いな人はあなたに助けを求めています。そして、あなたは助けることができると潜在意識が判断しているのです。

持っているものでその人が必要としているものを全て与えてください。物質的なものだけではなく、形がないもの、例えば言葉が一番の代表例です。あなたが体験した解決法を言葉で伝えることで良いプレゼントになります。

与えるものの一番の最小単位は、感謝を表現することです。「嫌いな人に感謝などできない!」と思われるかもしれません。

潜在意識は、感情のエネルギーを必要としています。感情のエネルギーの種類によって生み出される現実が変化します。どの感情のエネルギーを作り出すかはあなたが決めているということです。

「嫌だ!嫌いだ!」の感情を作り出すか、それとも「嫌だ!と思わせてくれてありがたい、今後に活かせる経験になった」という感情で受け入れるかで、その先の未来が変わるということです。

まとめ

嫌いな人を無関心になる方法は、嫌いな人を無意識レベルで受け入れることにあります。嫌いな人は、あなたの過去のネガティブな体験に紐づいており、無意識の箱にしまわれています。

その箱を開けるためには、漏れ出している感情を受容し、感謝を表現することにあります。嫌だ!嫌いだ!と意識すればするほど、嫌な人に関心をもってしまうことになるでしょう。

嫌な人を受け入れ、ありがたいと思えるようになった時、あなたは一歩成長することになります。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
嫌いな人の良いところを見つけ、助けることであなたの価値が上がります。
このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。