JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

嫌われているのを気にしない方法。誰かに嫌われることが怖い時に考えること。

嫌われているのを気にしない方法

  • 嫌われたくないと思うのをやめたい。
  • 嫌われることが怖くて自分を表現できない。
  • 人に嫌われても良いと思えるにはどうしたらよい?

人間関係の悩みの一つで、人に嫌われることが怖いというものがあります。人から常に責められているのではないか?と感じてしまったり、世界中のすべてが自分を敵視していると感じたりします。

このページでは、嫌われなくなるのではなく、嫌われていることを気にしなくなる方法について解説します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

誰かに嫌われていることを怖がる。

誰かに好かれていないと生きていけないと思っている人は、誰かに嫌われることを嫌い、嫌われないように振る舞います。でも、ふと我に返ると自分ではないような感覚になり、物事がうまくいかない、悪いことが起きるなど、自分が想像していなかったものが現実化することがあります。

嫌われたくない!と思うことは、無意識感情であり、理論的に説明はしにくいものではないでしょうか?

子供の頃は、育ててくれている人に嫌われることは死を意味するほど強いもので、繰り返し「嫌われないように振る舞おう」とするうちに、自分の気持ちがわからなくなり、最後にはその気持ちの探索すらしなくなり、自分の中の常識として捉えるようになった結果です。

「これしないと、これはさせてあげない」、「言うこと聞かないと、これをあげない」といった教育があだとなる。大人になって、「誰かの言うことをきかないと生きてはいけない」と錯覚しているということになります。

好かれたいと思うこと。

「嫌われたくない」と近い感情で、「好かれたい」と言うものがあります。不特定多数から好かれることで、嫌われている状態を認識するのを回避するために、多くの人に好かれようとするのです。一人でも好かれている状態を保つことができれば、安するからです。多くの人を囲い込むということは、いわば保険となります。

「好かれたい」と自分を変えようとすればするほど、自分ではなくなり、本来の自分とどんどん離れていってしまいます。年間365日しかありません。万人に好かれることはできません。あなたが巡り会う人の10%程度が最大です。それ以上は、逆に必要のないものです。

無意識で人に嫌われていると感じる。

意識は、大きく二つに分かれます。顕在意識潜在意識です。顕在意識は、意識の5%程度、潜在意識は残りの95%程度を占めます。無意識に恐怖する、嫌われたくないと思うことは、この潜在意識が大きく作用しています。

私たちが心臓を動かしているのも、汗をかくのもすべて、この無意識が操作し、体をコントロールしている結果です。このコントロールの中には、無意識での行動も含まれていると言うことです。

では、どのようにしたら、「嫌われたくない」を解消できるのでしょうか?

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
嫌われたくないと思う一瞬の感覚に無意識の答えがある。

「嫌われたくない」過去の感情を探る。

無意識の中に埋め込まれた感情を探すことで、感情がクリアになり、嫌われたくないと言う恐怖を抑えることができるようになります。

無意識の感情は、意識的に見つけることが難しいものです。見つけようとするのではなく、見つけるタイミングを伺う方が適切です。「あ、今、自分は人に嫌われることを怖がっているな」と思ったら、まずその状態を俯瞰(ふかん)します。自分がその感情と一緒になるのではなく、別のものとして見るのです。

強い感情は、自分と同化して動かすよりも、外から観察することで、どういう動きをしているのか?どういう対処が適切なのか?を見つけることができます。

「怖いな」と思ったら、目を閉じ、目の奥のほうに意識を集中します。さらに体の力を抜き、呼吸をゆっくりとし、体全体に息が行き渡るイメージを持ちます。静かになった空間に、いろいろな感情とその記憶が浮かびます、「やらなきゃいけないこと」「やりたいこと」が浮かんでくるはずです。

それを一つ一つただ観察し、「このような感情をいだかせてくれて、ありがとう」と言う気持ちで受け入れます。日々浮かんでくる感情を受け入れ続けることで、心がどんどん軽くなっていくのを感じるでしょう。

嫌われるのを気にせず、心おだやかになる。

嫌われまいと常に緊張している状態だと心のパフォーマンスを上げることはできません。常に心がおだやかであることが、自分の思考のパフォーマンスを上げるには必要です。

ただ、心がおだやかでないといけないと思えば思うほど、心が硬くなります。その結果、パフォーマンスが下がってしまうことになります。ここで覚えておいてほしいのは、「いい加減」という言葉です。いい加減は、やる気がないなどの意味がある悪い言葉ともう一つ、良い加減と言う意味があります。

いい加減とは、嫌われても、嫌われなくてもどちらでもよい、だって、自分は、良い加減だから。そう、良い加減とは、プラスでもマイナスでもなく、どちらでもゆらゆらいられる状態です。竹のようにしなやかな心を持つことが、強い心を持つことになります。

ともすると、「いい加減に保つこと」が、嫌われることへの恐怖を受け入れることへの鍵となります。

「みんな言っていますよ」は、気にしない。

「みんなあなたを嫌っていますよ。」そんな言葉が突然くると、心が動揺し、心拍が上がりそうです。でも、言っている人は大げさに言っている傾向があることを忘れてはいけません。ここでいう「みんな」は多くて数人です。あなたの存在を脅かすほどの数ではありません。

嫌われることが怖いと思えば思うほど、数人に嫌われただけで、世界すべてが自分を嫌っていると思いがちです。実際は数名程度です。気にする必要はありません。あなたを嫌う人は、嫌いでいいのです。他人が自由にあなたがコントロールできるものではありません。

あなたがコントロールできるのは、自分の認識を変えることです。悪いイメージから自分を守り、良いイメージで自分を満たすことがあなたが自分にしてあげられることです。

人に嫌われたらどうする?

「あなたのことは嫌い!」と言われると、どぎまぎして、やるべきことに集中できないくらい大きな衝撃になるかもしれません。嫌いという意思表示は、ただ、「あなたと私は考え方が違う」と言っているだけで、あなたを傷つける意図はありません。あるとしても受け入れなければ良いのです。

大人の思考をもっているのであれば、違いを表現しているだけだと相手に伝えることも可能ですが、思考が幼いと、「嫌い」という表現で伝えてしまうのです。そんな幼稚な言動にあなたがとらわれる必要はありません。

逆に、「嫌ってくれてありがとう」と思えるぐらい、あなたの感情がクリアになり、自分の思考が強くなれば、多くの恐怖は解消されるでしょう。

理解と同意を区別する。

嫌われないように何かをする時に、同意する意思を示しているのか、理解している意思を示しているのかを自分の中で決めることで、心が楽になります。

「理解はできるけど、同意はできない」は、自分と他人を区別できるものです。理解と同意が区別できていないから、すべてに同意しないといけないと思ってしまうことで、嫌われないために行動をすることになるのです。

他人への同意を自分に強制している時、心にブレーキが強くかかります。「やりたくないのに、やらないと嫌われる」と。

理解できることへの行動の度合い、同意できることへの行動の度合いを自分の中で決めることで、嫌われると言う感情を外から観察できるようになります。

嫌われてるかもしれないという恐怖を感謝で受け止める。

潜在意識は、常にあなたに幸せになってもらいたいと思っている意識です。「嫌われるかもしれない」と言う感情をあなたにヒントとして与えているということです。

「なんでそんな苦しいことを強いるの?」と思われるかもしれませんが、潜在意識では、結果を生み出すものではなく、イメージした結果へ近づこうとするエネルギーが働いています。

イメージした結果は、感情です。強い感情のエネルギーを潜在意識は必要としています。嫌われているという恐怖を感じ続けると、エネルギーが作られ、潜在意識はよりパワフルになるというわけです。

この流れを断ち切るには、潜在意識に恐怖のエネルギーを送らないようにすれば良いと言うことになります。つまり、「もう卒業した、ありがとう」ということです。恐

怖を受け入れた先に、恐怖を感じなくなるフェーズがあります。そのフェーズをイメージすることで、潜在意識は現実化をやめることになります。

嫌われるのが怖いと言う人ほど、人を嫌う。

「嫌いな人はあまりいない」と心から思っている人は、嫌われるのが怖いと言う感情を持ちにくいです。逆に、「嫌われたくない」と常に思っている人は、人を嫌う傾向にあります。つまりは、自分がやっていることが、返ってきているということになります。

人を嫌わないようにするということは、常に人の良いところを見つけ、表現することにあります。人の良いところを見つけるようになると、自分の良いところも見つけてくれる人が増えます。そうなると、幸せを実感することになるでしょう。

与え続けると、戻ってくることが何倍にもなります。人を嫌っても良いのですが、自分に返ってくることを覚えておいてください。嫌われるのが怖いなら、人に良いことを与えることにフォーカスすることです。

自分と他人を比較しない。

「自分は自分。オンリーワンである」と思え!と言われたことはあるかもしれません。潜在意識はすべての潜在意識とつながっていて、一つの意識を形成しています。オンリーワンの本当の意味は、すべての意識が一つであるがゆえに、「自分」がオンリーワンということではなく、すべてが集まった意識がオンリーワンであるということです。

「人と比較しない」は、人とは比較できないからです。もともと一つの意識体にも関わらず、別々の意識として、人に入っている状態です。人が比較できないことを知ってしまうと、感情のエネルギーを作り出すことができないので、潜在意識は困ります。

同じになろうと思うことも比較です。比較し違いを見つけるからこそ、一つ一つの要素を近づけようとするのです。

比較することでエネルギーを作り出しているという意識を持つと、何に自分が利用されているのか?そして何に利用されても良いのか?を理解できるようになると思います。

まとめ。

嫌いという感情は誰しもが持つ感情です。その感情に敏感に反応してしまうのは、自分の心の中の無意識が恐怖を感じているからです。誰でもある当たり前の感情に常に左右され続けていると、自分が見えなくなってしまいます。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
自分のエネルギーを最大化しないと困る人がいるのであれば、その人のために今自分の奥の無意識の感情を見つめること。

自分の感情を観察し、受け入れることで新たな経験を潜在意識は自動で探してくれるようになります。それは、あなたが未来に描いたイメージに同調してもたらされるものです。

未来に良いイメージを作るのは、今、ここでできることです。過去の無意識の感情の左右されず、今に没頭することで、嫌いな人への感情エネルギーが減り、あなたが望む感情エネルギーを作り出す環境を潜在意識は提供してくれるようになるでしょう。
このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。