JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

潜在意識において手放すことを諦める時に起こること。あきらめることで解放する。

潜在意識において手放すことを諦める時に起こること。あきらめることで解放する。

  • 嫌なことを手放すことができないとどうなる?
  • 執着しすぎると物事がうまくいかないのはなぜ?
  • 感情を手放すことで得られるメリットを知りたい。
  • 手放すことを諦めるとどんな良いことがある?

手放したい!手放そう!手放せない自分が許せない。手放そうと思えば思うほど、「できない自分」が許せなくなります。「許せない」を手放そうとなると、終わりのない旅が始まってしまいます。

このページでは、潜在意識において、「手放す」ことができない人に、あきらめるとどうなるのか?を解説します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

潜在意識を活用する。

意識は、大きく二つに分かれます。顕在意識と潜在意識です。顕在意識は意識の5%程度を使っており、我々が考えている時に使っている意識です。意識的に使うことができます。

潜在意識は残りの95%を使用しており、私たちを無意識にサポートしてくれている存在です。

潜在意識は、集合意識と呼ばれる「すべての意識」とつながることができ、顕在意識の6万倍ものエネルギーを秘めています。つまりは、人は頭で考えるよりも潜在意識を利用することで6万倍以上もの力を発揮できるようになります。

潜在意識とセットになって考える必要があることは、「手放す」というキーワードです。上手に手放すことができれば、意識の力が解き放たれ、自分の力を超えた力を出すことができるようになります。

手放すとは?

「持っているものを自分の手もとから放す。」という意味で使われる「手放す」ですが、スピリチュアルや理学の用語として、多く用いられています。〇〇を手放すことで、何が起きるのでしょうか?

目標達成への執着を手放す。

目標を達成しようとするということは、「今、目標を達成していない」ことを意味します。潜在意識は、今、ここにある思考が深く掘り下げた時にエネルギーを出す意識です。「目標を達成したい」と意識することは、潜在意識を深く使うことができません。

なぜならば、「目標を達成していない」と継続的に潜在意識へ伝えてしまうからです。目標達成への執着を手放し、「目標達成していたらどういう状態になっているか?」を五感でイメージすることで、潜在意識の力を使うことができるようになります。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
理論武装しても、潜在意識は働かない。

思い通りになることを手放す。

出来事を思い通りに成功させたいという気持ちは誰でもあると思います。当たり前ですが「思い通りになる」の反対は、「思い通りにならない」です。「思い通りにしたい」は、心の中で「思い通りにならない」と繰り返し伝え続けている状態です。

思い通りに動かすことを手放すこと、出来事に対して自由な広がりを意識的に提供する。そんな意識を持つことで、あなたへ必要なヒントが提供されるようになります。

人を動かそうとすることを手放す。

「どうして思うように動いてくれないんだ」「こうすれば人は簡単に動かすことができる」など、意図的に人を動かそうとすることは、思考の力を使うことになり、潜在意識が休眠状態になります。人を動かすのではなく、自分の意識を動かすことに注力すること、人を動かすことを手放し、自分を動かすことに注力することで、潜在意識のエネルギーが高まります。

自分の存在価値を手放す。

「自分には価値があるのだろう?」と考えれば考えるほど、潜在意識のエネルギーはしぼんでしまいます。自分の存在価値と自分の意識が同化してしまうと、存在価値自体を観察することができないためです。存在価値を観察できるようになると、「確かにある」となり、あるのが「当たり前」まで昇華された時に初めて、自分の存在価値を手放すことができ、自分の価値に執着しなくなります。

自分の生きる理由を手放す

これが生きる理由だ!と断定し、裏切られ。そして、また断定しを繰り返していると、思考が定まらず、習慣化されないので、潜在意識へ強いエネルギーを送ることができません。生きる理由なんてよくわからないけど、今、この瞬間が楽しいから生きているとなった時、潜在意識は解放され、次のヒントがあなたに送られます。生きる理由を捨てるのではなく、生きる理由はあってもなくてもよい。という柔軟さが鍵となります。

過去の悲しみを手放す。

過去の悲しみは、今の思考や行動に大きな影響を与えます。人は過去に何か起こった時、それを「過ち」として心に刻み、同じ間違いをしないようにします。この素晴らしい記憶力が、時には、今の思考や行動を邪魔します。潜在意識は、感情のエネルギーに影響を受けている思考のメッセージを受け入れません。過去の悲しみを観察し、受け入れることで本来のパフォーマンスにすることができます。

未来への焦りを手放す。

「こうでなくてはならない」「こうなるべきだ」と未来に対して、信頼しないでいると、今の思考や行動が常に間違っているかもしれないと疑問を持つことになります。疑問を持つことは、思考にブレーキをかけ、潜在意識へのエネルギーを送ることができません。未来への焦りではなく、信頼することが執着を解く鍵です。

許せないことを手放す。

これまで出会った人の中で、「許せない人」はいますか?許せない!という感情は常に自分の隣にあり、思考することを無意識に妨げてきます。「あんなことをしてきた人を許せない!自分なら絶対にしない!」と強く思った先の未来は、無意識に「自分が理解できることしかしてはいけない」となり、潜在意識からの理由なきヒントを受け入れることができなくなります。

手放すことを諦めることは、「期待しないこと」。

「ほら、やっぱり、頑張って手放すことが重要だよね?」と思われたかもしれません。そして、「手放そう、執着することをやめよう」ということに執着してはいけないということです。探求し続けると、どこまでいっても禅問答で終わりが見えなくなります。

何かに執着する時、「許可をもらえないと動けない自分」が顔を出します。無意識のブレーキがかかり、思考をためらい、行動がうまくできなくなってしまうのです。

執着しないためには、結果を期待をせず、当たり前だと感じること。そして、その全てに感謝すること、手放すことができない自分、できる自分も含めて、愛で包むことで、執着は消えていきます。

期待することをやめること(「期待することをやめないといけない」ということすら手放すこと)が本当の意味で手放すことになります。

まとめ

「何かに執着する」ことは、かっこ良いイメージでしょうか?恋愛は家族、友人関係などで、執着するということは、あまりかっこ良くない時に使われることが多いように思います。

それは、あらゆる面でも同じことが言えます。何かに執着することは、他の可能性を無視することにつながります。何かに没頭することは執着とは違います。執着は、外からの感情に左右され、自分の思考が制御されてしまっている状態です。

思考が感情から自由になれば、潜在意識は大いなる力で味方になってくれるでしょう。良い日々を送れることを願っています。
このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。