JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

赤紫(あかむらさき)色カラーの意味と心理的効果。直感力と妥協なしの行動力。完璧主義に気をつける

赤紫

赤紫(あかむらさき)がよく目につく、赤紫色のものが身の回りに溢れている。赤紫色が好きな人が近くにいる。そんな人たちの一般的な理状態を考察します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

赤紫(あかむらさき)の意味

本質的に赤紫の意識を持って生まれてきた人は、直感力と行動力を併せ持つ完璧主義者です。芸術性と実行力を持っており、強い力で進むことができます。

妥協ができない性格であるために、夢中になると一直線に進んで、目標を達成してしまう力があります。ただ、妥協ができないことで、人と衝突することもしばしば起こります。

人の気持ちを考えることが上手なので、他人から社交的であると、とらえられて大きな問題にならずに回避できる能力も兼ね備えています。

愛に溢(あふ)れており、人に対して献身的に尽くす傾向があります。実行力があるために、相手のために先回りして物事を遂行してしまい、相手に驚かれることもあるかもしれません。

また、自身の審美眼を生かして、クリエイティブな企画を実行する能力があります。

赤紫(あかむらさき)が意味するものリスト

  • 直感力と行動力を合わせもつ
  • 警戒心が強い
  • 社交的である
  • 人付き合いが上手
  • 芸術性がある
  • 妥協ができない
  • 細かいところに気がつく
  • 愛を積極的に表現する
  • 審美眼がある
  • 献身的につくす

赤紫(あかむらさき)の心理的効果

赤紫を取り入れる効果としては、紫の「心のバランスを取る」という効果の上に、赤の「行動力を得る」というものがあります。紫の気質の赤を加えたものが赤紫となります。

やみくもに行動するのではなく、自分の価値を認識した上で最適な行動をしたいという欲求を増幅させる効果があります。

自分の創造性を信頼し、現実に実行する力を高める時に用いられるのが赤紫です。

赤紫(あかむらさき)を必要とする人の心理

赤紫は、心のバランスと実行力を作り出す色です。直感に行動力を伴わせる時に、理由をつけて相手を巻き込んでプロジェクトを成功させたいと感じる力を高めてくれます。

消極的ではなく、積極的かつ直感的に物事を遂行していきたいと思う心理が、無意識に赤紫色を求めるようになります。

また、妥協したくない、細部までこだわりを持って完璧なものを作り上げたいと願う心理も反映されます。

今まで、くすぶってきた自分の中にある感性を表に出し、誰もが見える形でそれを体験できるように提供するための力を与えるのが赤紫です。

赤紫(あかむらさき)を必要とする人

  • 直感を行動に移したいと願う人
  • 実用性がある感性を身に付けたい人
  • 妥協せずに最後まで貫きたい人
  • 人付き合いの中で、しっかりとものを伝えられるようになりたい人
  • 細部までこだわりを持って完遂したい人

他の色から赤紫(あかむらさき)を意識する意味

自分を見失って、人に尽くすだけの毎日を送ってきた自分に嫌気が指して、自分をもっと大切にしたいと思う時に、他の色から赤紫が気になり始めます。

自分を大切にしなさい、あなたの力はこんなものじゃない、周りに見せつけて良いタイミングであると潜在意識からのメッセージを受けているのかもしれません。

実行したことに対してフィードバックを得て、自分の感性が進化できることを直感的に理解できます。赤紫が気になり出したのであれば、実行する準備ができたという心のサインである可能性が高いです。

赤紫(あかむらさき)が好きな人の行動

赤紫が好きな人の行動の特徴は、自分の感性を思っ切り表現することです。「何を考えているかわからない」と言われたとしても、自分の中で腑(ふ)に落ちているのであれば、どんどん行動していってしまうでしょう。

感覚肌でありながら、行動に落とし込むことが上手なので、ずっと停滞していることがありません。少々落ち込んだとしても行動でカバーしてしまいます。

新しい感覚は自分を成長させるエッセンスととらえ、行動を何度も繰り返し、成功を勝ち取っていきます。ただ、自分の感性が揺らぐと人と比較することに重点を置いてしまい、自分の価値がわからなくなってしまいます。

時々、深く落ち込んでしまうと、回復するのが遅いかもしれません。心の中で自分を見つめ直し、復活するためにエネルギーを溜めています。そんな時は充電する必要があると捉えます。

行動の特徴リスト

  • 外に出て自分を思いっきり表現したい
  • 無意識に人と比較してしまう。
  • 感覚肌なのに、現実に落とし込んで実行できる力を持つ
  • 腹に落ちると、行動が早い
  • 新しい感覚を求めて、自分の行動を繰り返す

赤紫(あかむらさき)を好きな人が気をつけること

紫色が好きな人は、妥協できない完璧主義者なので、自分をコントロールできなくなる状態に気をつける必要があります。妥協せずに完璧を求めることは、良い点は多いですが、自分の限界を超えてしまい、心や体を壊してしまうこともあります。

自分を必要以上に良く見せようとする、自分の理想を完璧に達成しようとして、人を傷つけるなどは、その典型的な例です。

自分の理想が達成できないとわかると途端にイライラし、被害者意識が広がって、やる気を失いやすい気質を持っています。

そんな時のために、ポジティブに変えることができるマインドセットを持っておく必要があります。

自分は自分、人は人と認識していながらも、人と同じことを無意識に望んでしまう傾向があるため、人と比較することで苦しみます。

自分の感性は自分だけのもの、それを実行できるのは自分が一番と思えるよう、日々の思考を調整していくと良いでしょう。

気をつけることリスト

  • 自分を良く見せようと焦って失敗する。
  • 自分の理想を押し付けようとすると人が離れる
  • 人との比較がストレスを生む
  • ポジティブにものをとらえる必要がある
  • 妥協できずに、ストレスで自分をコントロールできなくなる。
  • 被害者意識が強くなりがち
  • 一つのことに集中すると、完璧なまでに尽くしてしまう

色が全てではない

色は、「この色が好きだから、こうである」と絶対的なものではありません。色が心に大きな影響を与えることは確実ですが、すべてではないと考えます。

特定の色に関する過去の記憶は感情とひもづいています。子供の頃のショックは、固定観念として残り、常に無意識に作用して行動を制限するものだからです。

特定の色が「好きや嫌い、気になる」というのは、もっと深いところに理由があります。一般的な理由だけを取り入れて、自分を判断するのは軽率かもしれません。

物事に対して「これはこうである」と断定できるのは、他人の意見からではなく、自分自身が感じることの中にあります。
色が好きというのは、自分が感じていることです。その意味は、他人や情報から与えられるものだけではなく、自分で探すことが大切です。

まとめ

赤紫色が気になるという方のための一般的な意味をご紹介しました。赤紫は、感性が豊かで、直感力にも優れ、実行力があることです。豊かな発想力と実行力を兼ね備えている強い気質を持っています。

強くて特殊な気質だからこそ、コントロールが難しい色です。自分に自信を持ち、自分の内側と外側を上手に呼応させる技術を学ぶことが求められます。

赤紫色は、烈火のごとく行動を起こし、誰にも作り出すことができないような発想を具現化します。継続してその力を発揮させていくためには、自分のマインドをゆっくり育て、周りから影響を受けない強い心に育てていくことが重要です。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。