JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

紫色(パープル)カラーの意味と心理的効果。カリスマ性を発揮する。人に理解されない可能性がある。

紫

紫色(パープル)がよく目につく、紫色(パープル)のものが身の回りに溢れている。紫色(パープル)が好きな人が近くにいる。そんな人たちの一般的な理状態を考察します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

紫色(パープル)の意味

本質的に紫色の意識を持って生まれてきた人は、落ち着いた心と鋭い感覚をもっている芸術家気質の存在です。美しいかどうか?を自分の豊かな感性でとらえることができるので、何かを創造する時に、優秀な力を発揮します。

心のアクセルとブレーキをバランスよく使うことができるため、自己コントロールが上手です。視野も広く、自分以外の人たちに気を配ることも可能です。

神秘的な面も持ち、突き詰めていくと他にはないカリスマ性を発揮することになります。人と同じことをしないといけないと思い込むと、自分の感性が信じられなくなり、カリスマ性が発揮できなくなって悩みに変わります。

紫色(パープル)が意味するものリスト

  • 落ち着いた心
  • 鋭い感覚
  • 自己治癒力
  • 豊かな感性
  • アート思考
  • 芸術家気質
  • 高い直感力
  • 食欲の減退
  • 視野が広い
  • 神秘的
  • バランスが良い
  • カリスマ性がある

紫色(パープル)の心理的効果

紫色を取り入れる効果としては、心のバランスを取る、感性を高めるものがあります。ポジティブネガティブが行ったり来たりで心が休まらない時に、紫を使うと心が軽くなります。交感神経と副交換神経のバランスを取ってくれるからです。

自己の治癒力を上げて、自分を整えたい時に紫の力を借りることは有効です。周りのいろいろな雑念に惑わされず、自分の感性を見つめ直したい時に、自分のコアな部分を認識させてくれる色です。

紫色(パープル)を必要とする人の心理

紫は、心のバランスが取れた神秘的な力を作り出す色です。人から不思議な人と思われたい、芸術家として思われたいと思う心理状態である時に、紫色を求めます。

今やっている行動に対して、美意識を持って行動したい。極端になると美しくないものは必要ないという心の状態が現れます。美しくないものが目の前にあるととても気分が悪くなり、そこから離れるか、排除しようとします。

心身のバランスを整え、他とは違う、高いレベルの人と思われたいなど、カリスマ性を示したい時に使われる色です。これまでの平凡な自分から脱却して新しい別の自分、高次元の自分とつながろうとしています。

紫色(パープル)を必要とする人

  • 神秘的に見られたい。
  • 高貴に見られたい
  • 豊かな感性を得たい
  • カリスマ性を求める
  • 美意識を高めようとする
  • 心身を回復させたい
  • 神経のバランスを取ろうとする
  • 楽天的になりたい

他の色から紫色(パープル)を意識する意味

忙殺される日々の中で、ふと、「自分だけの価値とはなんだろう?」と考え出す。それが無意識に固まりとなって、溢れ出すと紫を必要とし始めます。誰かのために頑張ってきた自分を卒業して、自分の感性をもっと信じたい、人の感性にとらわれたくないと思い始めた時に紫を意識します。

自分の心が周りに引っ張られるのが許せなくなり、自分の心を整える必要が出てきた時、また、悲しい出来事や苦しい出来事から神経のバランスを取ろうとしている状態である時に、意識されます。

紫色(パープル)が好きな人の行動

紫色が好きな人の行動の特徴は、感性を大事にしたい、人と同じことを嫌うというものがあります。人と迎合するのを嫌うので、何を考えているかわからないと捉えらえることがしばしばあるでしょう。

他の人が思いつかない、感じることができないことを感じることができるので、人には理解されず周囲を驚かせることもあります。人に理解されることが必要だと認識しているうちは、紫の良い面が発揮されない可能性があります。

人の役に立ちたいと深層心理では思っているため、付き合いにくい感じはありませんが、高次元とつながるので話が飛ぶことがあるので、孤独になることもあり、人との付き合いがあまり好きではないと感じてしまうこともあります。

行動の特徴リスト

  • 人と同じことが嫌い
  • どうでも良いことにとらわれることが嫌い
  • 感覚を大事にしたい。
  • 突然大胆になって周囲を困らせる
  • 人付き合いがあまり好きではない
  • 自分の存在価値を認められたい
  • 人に役立つ仕事がしたい。
  • 高次元とつながる

紫色(パープル)を好きな人が気をつけること

紫色が好きな人は、人と違う感性を持ち、人にあまり理解されない気質があります。人間関係で悩む可能性が高い色です。話が飛んだり、突拍子もないことを言ったりするので、「この人、何を伝えようとしているのかわからない」と怪訝(けげん)そうな顔をされることも多いかもしれません。

自分の感性と人の感性との関係性が葛藤を生み、バランスを崩すと、現実逃避におちいることもあります。
いつもは穏やかに見えますが、自分の中での葛藤が強くなると、イライラし、荒々しい側面が顔を出すことがあります。

人と違った方向に自分のエネルギー、創造性、感性を注げるようになることがポイントです。自分は特別なんだとは思わず、自然体で自分の中にあるカリスマ性を信じ、他人と自分との間の距離を適切に保つことが大切です。

気をつけることリスト

  • 気まぐれに見えてしまう。
  • 穏やかそうに見せて荒々しい面を持つ
  • 人間関係で苦労する
  • 人と同じように頑張ろうとはできない。
  • 人と違った方向に自分のエネルギーを注ぐことが大切
  • バランスがとれなくなると、現実逃避に陥る

色が全てではない

色は、「この色が好きだから、こうである」と絶対的なものではありません。色が心に大きな影響を与えることは確実ですが、すべてではないと考えます。

特定の色に関する過去の記憶は感情とひもづいています。子供の頃のショックは、固定観念として残り、常に無意識に作用して行動を制限するものだからです。

特定の色が「好きや嫌い、気になる」というのは、もっと深いところに理由があります。一般的な理由だけを取り入れて、自分を判断するのは軽率かもしれません。

物事に対して「これはこうである」と断定できるのは、他人の意見からではなく、自分自身が感じることの中にあります。
色が好きというのは、自分が感じていることです。その意味は、他人や情報から与えられるものだけではなく、自分で探すことが大切です。

まとめ

紫色が気になるという方のための一般的な意味をご紹介しました。紫色は、感性豊かで、人が考え付かないような創造性を発揮する気質です。高次元の存在と繋がりやすいため、他人に理解されないことで悩むことが増えます。

人間関係で悩み続けていては、自分の特性が活かせなくなります。自分と他人の距離感を適切に保ち、自分の心を整え、良いパフォーマンスで日々を送れるようにしましょう。積み上がった感性がカリスマ性を生み出します。

その成長過程がまた周りにいる人たちに癒しを与え、チーム全体のパフォーマンスを向上させる力につながります。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。