JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

紺色(こん)カラーの意味と心理的効果。適切な意思決定。思考のショートの注意。

紺色

紺色(こん)がよく目につく、紺色(こん)のものが身の回りに溢れている。紺色(こん)が好きな人が近くにいる。そんな人たちの一般的な理状態を考察します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

紺色(こん)の意味

本質的に紺色の意識を持って生まれてきた人は、判断力に優れ、知恵を有し、意思決定が早く頼れる存在です。

人を暖かく見守る気質を持ち、危険をいち早く察知して回避できるので、リーダーとして非常に優秀な気質を持ちます。あまり気取らず、人の間に適切な距離を保つことができるので、人の内側に入ることが上手です。

他の色と比較すると感情が安定しているので、突拍子もない判断をせず、冷静に行動し、結果を出すことができます。紺色の周りにいると、心が休まると言う人も多いはずです。

紺色(こん)が意味するものリスト

  • 知恵を有する
  • 判断力に優れる
  • 意思決定が上手
  • 感情が安定している
  • 暖かく見守る
  • 人を指導する能力に長けている
  • 服従
  • 圧迫感
  • 心の内側に入り込む
  • クールダウン
  • 庶民的
  • 心が休まる

紺色(こん)の心理的効果

紺色を取り入れる効果としては、感情を安定させる、心を休めると言う心理作用があります。頭をスッキリさせて、必要とされない無駄な決断を抑える効果があります。

思考が過熱して自分で抑えきれなくなった時に一度クールダウンすると言う意味で、紺色を使うのは有効です。

感情の安定をもたらすので、言動がバラバラにならず、人からの信頼を得ることができるようになるので、心の安定を望むのであれば、紺色を使用すると良いでしょう。

紺色(こん)を必要とする人の心理

紺色は、気取らなくも高貴な存在を示す色です。人から一目置かれながら、普通の人として溶け込むことができます。目立ちたいけど、縁の下の力持ちなポジションで活動したいと願う時に紺色を使用する傾向にあります。

紺色が気になる人は、密かに裏で人を操りたいという感情の現れである可能性があります。これは、ネガティブではなく、人のやりたいことを見透かすことができると言う意味では、人に長所を気づかせることができる能力です。

人を指導する、何かを教えることで自分の価値を感じたいと考える時に、紺色が無意識に身の回りの多くなります。紺色は、多くの人に自然と受け入れられる色として使われてきた関係上、自然に人の心にすっと入り込む特性があります。

紺色(こん)を必要とする人

  • 心の安定を望む
  • 責任感を持ちたい
  • 判断力を養いたい
  • 人を指導したい
  • 服従させたい

他の色から紺色(こん)を意識する意味

周りの意見をたくさん取り入れて、自分の価値がわからなくなった時に、頭を冴えさせて、内面を探りたいという欲求が、紺色を意識させます。

冷静に考えたい、自分の本当の気持ちを知りたいという欲求が強いと紺色を多用することになるでしょう。自分の内側を観察し、思考し、分析することが、求められているタイミングを意味しています。

紺色がしっくりくるなぁと思えるのは、自分の新しい価値を見つけたいと願っている時でしょう。

紺色(こん)が好きな人の行動

紺色が好きな人の行動の特徴は、責任感がある状態が好ましく、知識と権威を貪欲に求める行動をとります。

やりがいを求める傾向にあるのは、責任が伴わないことは、本気で取り組むことができず、パフォーマンスも上がらないと無意識に思っているからでしょう。

自分の考えぬいた意見と合わないことに対しては、人を論破することで、自分の優位性を強調します。あまり深く考えずに行動する人があまり好きではなく、時には怒りをあらわにする時があるかもしれません。

行動の特徴リスト

  • 知識と権威を好む
  • 責任のある仕事が好き。
  • やりがいを求める
  • 自分の正論をぶつける
  • 人を論破する
  • 何も考えずあっけらかんとしている人があまり好きではない。

紺色(こん)を好きな人が気をつけること

紺色(こん)が好きな人は、常に自分の内面と向き合い、思考し続けているため、人が発する思慮を欠いた発言に対して、強く否定する場面があります。そのイメージが「偉そう」と写ってしまうことがあります。

頭でっかちに物事を捉えるのではなく、楽しい時間を共有することを念頭においたコミュニケーションも一つの手段としてとらえることが大切です。

自分の意見が否定され続けると、人に求められる正論を自分の中で探し続けてしまい、最後には爆発してしまうこともあります。爆発する前に、信頼のおける人に相談すると良いでしょう。

笑顔と柔らかい雰囲気を作り出し、良い人間関係を築けるように心がけることが大切です。紺色は鋭く相手の思考が読めてしまうので、正面から否定するのではなく、どうやったら効率よく人を動かすことができるか?を考えましょう。

気をつけることリスト

  • 偉そうに振る舞ってしまう。
  • 自分を大きく見せようとしてしまう
  • 頭でっかちに考えてしまう。
  • 楽しい時間を作ることを念頭におく
  • 知らず知らずに悩みをためやすい
  • 自己表現が強すぎて誤解を招く
  • 権威が通用しないと自分の中に閉じこもる。

色が全てではない

色は、「この色が好きだから、こうである」と絶対的なものではありません。色が心に大きな影響を与えることは確実ですが、すべてではないと考えます。

特定の色に関する過去の記憶は感情とひもづいています。子供の頃のショックは、固定観念として残り、常に無意識に作用して行動を制限するものだからです。

特定の色が「好きや嫌い、気になる」というのは、もっと深いところに理由があります。一般的な理由だけを取り入れて、自分を判断するのは軽率かもしれません。

物事に対して「これはこうである」と断定できるのは、他人の意見からではなく、自分自身が感じることの中にあります。
色が好きというのは、自分が感じていることです。その意味は、他人や情報から与えられるものだけではなく、自分で探すことが大切です。

まとめ

紺色が気になるという方のための一般的な意味をご紹介しました。紺色は判断力に優れ、意思決定が早い気質の持ち主です。頭の回転が早いため、追いつけない人が出てしまうので注意する必要があります。

自分の周りの人と足並みを揃えると、良い人間関係を築くことができ、パフォーマンスの高いチームを作り上げることができます。

うまくいかない時、思考がショートしてしまう前に、信頼のおける人に今の状況を共有し、本来の気質を取り戻せるようにメンテナンスすると良いでしょう。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。