JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

決めないことのデメリット。決断の質とスピードを上げる方法。誰が・なぜ・何を・誰に・誰のために・誰と・いつから・いつまで・どのように・いくらで・いくつ・どこでを考える。

決断の質とスピードを上げる方法

  • 決めることができずに、いつも失敗してしまう。
  • 決断する速度が遅くて、タイミングを逃してしまう
  • 決断の質が悪くて、問題を大きくしてしまう。

決めるということは、人生をより豊かにするために必要なことです。何も決めないということは、何も行動が起きず、失敗も成功もありません。失敗や成功から学ぶことはありますが、行動がないが故に、学びの機会を減らしてしまいます。

これまでの人生の中で、何回の決めることが必要だったでしょうか?小さい事柄を含めると数えきれないほどの決断があり、今に至ります。その速度と質を高めることは、人生の質を高めることにつながります。このページでは、決断の速度と質を高める方法を考察します。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
早く適切に決断をしよう。

決めないことのデメリット

自分の人生を運用している上で、必要なことは「決めること」です。いつ起きるのか?何を食べるのか?何を見るのか?何をするのか?全てにおいて、あなたのの運営者であるあなたが行っています。決めないことのデメリットは、その運用を止めてしまうことにあります。

決めることの質と量で、あなたの人生の方向が変わり、人生の質まで左右されることがあります。決めないことのデメリットは、常に後退し続ける車のようです。いつまで経っても目的地にたどり着けることはできなくなります。

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
決めることのメリットは大きい

決めることができない理由は何か?

決めることができない人はどういう人なのでしょうか?決めることができない人の種類を知ることで、決める技術を高めるヒントになります。

悩んでも仕方がないことで悩む人

考えても仕方がないことを考えたりしていませんか?例えば、天気です。天気を変えてやろうと思う人はいないと思いますが、天気も立派に人の決断力を左右します。いつまでやまない雨を後悔し続けると、やることの決断ができなくなってしまいます。

決めることができない大きな理由の一つに、あなたが決めることができないことで悩んでしまっていることにあります。決められないことはスパッと諦めてあなたが決められることに集中することが大切です。

失敗を極端に恐れる人

行動の先にあるものは、失敗か成功かではなく、ただ新しい体験が待っていると思うことです。決めることができない理由に、失敗の代償が非常に多いことが関係しています。失敗を恐れるあまり、行動する決断が取れない場合です。

先のことを予測し、完璧に物事を行うことは不可能なので、その時々に柔軟する態度をとることが大切です。

捨てることができない人

欲張りな人は、決めることができません。それは、いつでも新しい可能性があり、どれにしようか迷ってしまうからです。つまりは、選択肢を捨てることができない人であるとも言えます。欲張りな人は、捨てたものに対して、執着せず忘れることができない人です。

目的が決まらない人

行動をする目的は何か?を常に明確に持てている人は決めることができます。反対に自分の行動の目的に基準がない人は、決めることができなくなってしまいます。

決めるの本当の意味は何か?

決めるとは、いったいどういうことでしょうか?過去の自分が今の行動を決めた瞬間で成り立っています。そして、未来の行動を今決めることで成り立っています。つまりは、決めることは、未来を固定させる技術ということです。

未来を固定させるには、今この瞬間に集中することが大事です。過去にブレたり、未来にブレたりと、「今」が定まらず、結果として未来を自分で固定することができません。

決めることができる人とできない人の違いはどこにあるのでしょうか?

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
決められる人はどんなことを考えている?

基準を持って決めている人

3秒に1回は何かを無意識に決断しているのが人間です。その一つ一つの決断の多くをできる限り、基準を持って決めて行く人が、「決めることができる人」です。ほとんどの人が、基準を持たずに物事を決めているので、うまく決断ができていないと言えます。

意識的に決めるができる人

なんとなく、〇〇しなきゃないけない、とか、〇〇したいな、と思うことはありませんか?そして、「よし決めた!」といって行動し始める。でも、結局翌日になるとできないでいる。そういう人はいると思います。違いは、決めることと行動が一緒になっていないことにあります。決めるとは、行動指針も一緒に決めることです。

速く決断ができる人

社会の速度が凄まじく速くなっています。その中で、じっくり考えているとチャンスも一瞬でなくなってしまいます。決めることが早い人は、目の前にあるチャンスを一瞬にしてつかむことができる人です。たとえ失敗したとしても、すぐに次のチャンスをつかむので、大きなチャンスもつかめる人です。

決断を正確にするにはどうするのが良いか?

決断した先の失敗が怖い。いつも成功するとは限らない。そう思う人は多いはず。では、どういう風に決断すれば、正しく速く行うことができるのでしょうか?

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
決断して失敗したらどうしようを減らすには?

幸せの定義を決めている人

行動した先のゴールを明確にしていて、それが自分にとって幸せであると認識できている状態を持った人です。ゴールが明確になると、途中の中間地点もわかります。中間地点がわかると次はどっちの方向に足を運べば良いかわかるのです。

自分の価値観を明確の持っている人

生活においてたくさんの価値観を試される場面があります。食事や衣服、住み方、そして仕事においても、人は価値基準に沿って生活しています。価値基準がないと、人の意見や雰囲気、環境に影響を受けすぎてしまい、決断力が鈍ってしまいます。

メリットとデメリットを見分けられる人

価値基準があると、それに対してメリットとデメリットを区別できるようになります。例えば、飲みに行くとした場合、価値基準が定まっていない人は、流されるまま参加するでしょう。でも、価値基準がしっかりしている人は、その時間のメリットとデメリットを区別し、メリットの方が大きいと判断した場合に参加します。

決められるか決められないかを判断できる人

決断を正確にできる人は、決めないという決断をすることも迅速に行うことができます。決めない理由を明確にできないのであれば、決めないことを決断できているとは言えません。

自分が決められることから決められる人

決断するということにおいて、自分で決めることと他人に決めてもらわないといけないことが存在している場合があります。その時に、自分が決めるべきことを先に決めずに相手にまずは決めてもらおうとする人は、決めることが上手ではない人です。

適切な相談ができる人

一人でいくら悩んでもわからないものはわかりません。決断するには、時には経験者に相談する必要がある場面があります。その時に、何を聞いたら自分が知りたい答えを得ることができるか?をわきまえている人は、決断するのが上手です。

決断力をアップするにはどうしたらよいか?

決断の質を高めることは、のちの失敗を防ぐ結果につながります。では、決断する力をより高いものにしていくにはどうしたらよいのでしょうか?

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
決断力は常に進化していくものですね。

決断のやり方を見直せる人

常に同じ方法で決断するのでは、うまくいきません。新しい経験が積み重なっているのに、過去の同じやり方に縛られていては、新しい価値観が蓄積されていかないからです。決める時の自分の心の動きや行動基準を見直す習慣を持っている人が、決断ができる人となります。

理由を常に思い浮かべている人

何かを決めることに理由を持つことで、決断速度が格段に上がります。理由を持つことを常に鍛錬することで、決断力をアップすることができるようになります。

やめる基準を決めている人

何かを始める基準を持っている人は多いけど、何かをやめる基準を持っている人は少ない。やめる基準を持っているために、どのレベルで行動するかを決めることができます。

目の前の行動をきちんと完了できる人

決断の後に行動する、そしてまた決断するのを繰り返します。その中で、最初の行動がしっかりしていないと、その先の行動もやっぱりきちんとできなくなってしまいます。決断した後の行動を真剣やることで、決断の質が高まっていきます。

決断力を高めることを継続して行うにはどうしたら良いか?

決めることの速度も上がり、決断の質も上がってきた時に、それを継続していかないと、レベルの高いものにはなりません。では、どのように継続しスパイラル的に上昇していけば良いのでしょうか?

イメージサプリ-Oji
イメージサプリ-Oji
継続は力なりとよく言われますね。

続けざるを得ない状況を作れる人

人はだらけてしまう生き物です。上手に自分のモチベーションを上げるように、続けざるを得ない状況を作れる人が、決断力を高められる人です。

小さなタスクに分けられる人

心に負担が大きすぎる決断は、モチベーションを失い、決断の質の低下につながります。できるだけ、小さなタスクに分けることで、質の低下を抑えながら決断力を高めることができます。

すでに継続していることと一緒にやれる人

何かをする時に何かをすると決めることで、行動はより楽になります。決断が多くなればなるほど、忘れやすくなるために何かをする時に何かをするというトリガーを持っておくこと、セットで認識することができる人が継続できる人です。

数値化できる人

数字は目標に到達するまでの割合を確定的に表示させてくれるツールです。そのツールをうまく使える人が、継続できる人です。最初は少ない数字からスタートしますが、いずれ雪だるま式に大きくなることを知っている人が継続を可能にします。

まとめ

決断することは、生きることと同義と言えます。意識的に行なっている決断と無意識に行なっている決断があります。人体は生きるために多くの決断を無意識にしています。意識的に良い決断をしようと心がけることで、決断の質と速度が上がり、最終的には無意識による良い決断に近づいていくことでしょう。

決断が苦手な人の声には、自信が弱く映ります。自信が伴っていない声には、説得力がありません。自分に自信をつけ、あなたの声に決断力がみなぎると良いですね。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。