JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

カウンセラーのためのポモドーロ・テクニック。集中力を高め生産性を上げる。

カウンセラーのためのポモドーロ・テクニック

  • 効率的なカウンセリングを行いたい。
  • 集中力を切らさずにお客様と対話を持ちたい。
  • 生産性が上がるカウンセリングを行いたい。

集中力を高めようと一般的に言われますが、集中力を高めるのにすごく時間がかかる人がいます。やりたくないことをする時に、集中しろと言われても、なかなか難しく、結局やらないか、質が低いものになりがちです。

カウンセリングの質の低下、カウンセラーの他の業務の質の低下を食い止めるために、あるテクニックがあります。集中力を高め、アウトプットの価値を上げるものです。

このページでは、ポモドーロ・テクニックについて、お伝えします。

ポモドーロ・テクニックの特徴

短期集中を繰り返すことで、生産性を向上させる手法の一つがポモドーロ・テクニックです。

25分集中し、5分休憩、その後25分休憩と、このサイクルを繰り返すことで、集中のパフォーマンスをアップさせることができます。長時間何かをやっている状態では、が疲弊してしまいパフォーマンスを上げることができません。でもこの方法だと短期的に集中することができ、効率がアップします。

人は最大でも90分の集中しかできない。

小学校の授業が1コマ45分。大学の講義が1コマ90分です。大人として扱われる大学生でも90分が集中できる最大の長さと言われています。これは、インプットできる集中力の長さであり、インプットをしながら、アウトプットもするとなるとより短くなります。

たとえ好きで集中できることに対して、90分がおおよその最大と言われる中、クライアント様が90分や1時間、自分のの奥を探るという作業に対しての心の負荷はどうでしょうか?カウンセラーとしてのあなたは、慣れているから楽に感じるかもしれませんが、カウンセリングを受けるお客様はもしかしたら、長く苦しく、すぐに終わりたいと無意識に思ってしまう長さかもしれません。

時間を分けることでメリハリをつける

長い時間人は集中できません。25分毎にわけることで、リフレッシュすることができるようになります。25分集中して深く考え、5分間のインターバルを使うことで、集中していた頭がしっかり切り替えることができるようになります。

また、あの時どう感じたか?などの質問に対して、インターバルを使うことで、25分のカウンセリングの緊張感から一瞬だけ解放されることで、新しい感覚が出てくることがあるかもしれません。メリハリをつけることで、一旦脳を休ませ、記憶を呼び覚ますことができる場合があります。

休憩を入れることで、疲れにくい。

カウンセリングでも数時間ずっと集中することはできません。ポモドーロ・テクニックでは、25分に1回休憩を取ることで、集中力を上げ、パフォーマンスを上げることを推奨しているものです。あなたのカウンセリングが長すぎるのであれば、25分に1回休憩を取ることで、パフォーマンスが上がる可能性があります。

集中と休憩を繰り返すことで、アウトプットのパフォーマンスが上がり、クライアント様にも負担なく、多くのアウトプットをいただくことができる可能性があります。

ポモドーロ・テクニックで注意すべきこと

集中力を高め、より多くの質の良いアウトプットを出すというメリットがあるポモドーロ・テクニックですが、そのアウトプットをきちんと最大化するには、下記の点に注意する必要があります。

他のタスクを入れない。

ポモドーロ・テクニックを使い、タスクをやっている時に、意識が散ってしまうようなものを置くのはやめましょう。代表的なものはスマホになると思います。スマホに通知が来るたびに集中を阻害されては意味がなくなってしまいます。

カウンセリング途中で、スマホがなる。電話がなる、何か必要のないタイマーがなる。といったことがないようにし、最大限集中できる時間を確保しましょう。

休憩時は頭を空っぽにする

25分間の集中の後に、5分間の休憩をしますが、きちんと休憩をできる状態にすることが大事です。休憩中にクライアント様に考えさせるようにことを伝えたり、他のことをしても良いなどをすると、頭の中に違う情報が入り、効率性を失います。

休憩時には、頭を空っぽにしてもらうことで、一旦リセットすることができ、ポモドーロ・テクニックを効率よく使うことができます。

制限時間を守る

クライアント様が、疲れていないことを確認できたなら、25分という制約は外しても良いかもしれません。その他であれば、制限時間を守ることが推奨されます。集中と休憩をきちんとメリハリを持って行うことで、最大限の効果が得られます。5分伸ばしたり、5分縮めたりとすると、脳が混乱し効果が発揮されなくなってしまいます。

カウンセラーがしっかりと時間を管理していくことで、クライアント様もアウトプットしやすくなり、あなたの声も届きやすくなるでしょう。

カウンセリング以外で使う

カウンセリング中以外でも、このポモドーロ・テクニックを使うことができます。例えば、事務作業を行ったり、広告を制作したり、ブログを書いたりする時です。あなたが集中しにくいことをやる時に、ポモドーロ・テクニックを使うことで、効率的なアウトプットができるようになるでしょう。

インプットしたいのに、アウトプットしたいのに、うまくいかない。そんな時にこのテクニックを使ってみると良いかもしれません。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。