JavaScriptを必ず有効にしてください。
画像が表示されるようになります。ページが表示できません。

緑(グリーン)色カラーの意味と心理的効果。中立を保ち平和を守る。八方美人に注意。

緑

緑(グリーン)がよく目につく、緑(グリーン)のものが身の回りに溢れている。緑(グリーン)が好きな人が近くにいる。そんな人たちの一般的な理状態を考察します。

音声を再生する

AI(人工知能)による自動読み上げです。音声が良いという方は、こちらをお聞きください。
途中聞き苦しい部分もあるかもしれませんが、文章を目で追いながら、音声をお聴きになるとより理解が深まります。

緑(グリーン)の意味

本質的に緑(グリーン)の意識を持って生まれてきた人は、物静かでありながら、マイペースに物事をこなすことができる気質の持ち主です。

平和を愛し、人と争うことをせず、静かに毎日を過ごしたいと願っています。そんな中にもしっかりとした芯をもっているため、不安定さを自分自身で解消する力があります。

心が平穏であるが故に、物事に集中し、没頭することが上手にできるため、バランスを保ったまま行動できます。人間関係においても中立の立場になることが多く、両方の意見を聞くことができる存在となるでしょう。

緑(グリーン)が意味するものリスト

  • お金に恵まれる
  • 心を癒す
  • 真面目
  • 平和主義
  • 静かに暮らす
  • 芯の強さがある
  • マイペース
  • 調整力に長けている
  • 押しに弱い
  • 慈悲の心を持ちやすい
  • 集中・没頭
  • バランスを整える
  • 優しく、平和主義
  • 不安定さの解消
  • 生命力・再生
  • 取り戻す
  • 安らぎ
  • 中立・ニュートラル

緑(グリーン)の心理的効果

緑を取り入れる効果としては、ニュートラル、静か、平和の心を保つ力があります。黄緑と異なる点は、黄色がないため、浮き足立った平穏ではありません。

心が揺さぶられるような出来事が起こった時は、心のバランスを整える意味で、緑を多く取り入れることが良いでしょう。

静かに自分の心と向き合いたい、邪魔をする思考が頭の中をよぎるのを抑えたい時に、緑は最適な色と言えます。

緑(グリーン)を必要とする人の心理

緑は、心の中心を教えてくれる色です。自分のどういった心の状態が中立であり、ニュートラルなのか?を観察することができます。ともすると、自分の心がわからなくなった時に、心の中心を見つけ、平和に保とうとする時に必要とされる色です。

ショックな出来事が起きた時、後悔が起きた時、不安が起きた時など、自分の心がどこか違うところに行ってしまうような感覚を抑えたい時に使われます。

心に閉塞感を感じ、自由がないと思っているとき、窮屈な感覚で自分を縛り付けているような苦しみを感じるとき、心を回復させるのが緑の役割です。

緑(グリーン)を必要とする人

  • 誠実に接したい
  • 礼儀正しくありたい
  • 没頭したい
  • 免疫力を上げたい
  • 閉鎖感を感じている
  • 窮屈な感覚が常にある
  • 落ち着きたい

他の色から緑(グリーン)を意識する意味

ずっと真面目に取り組んできて結果が出ない時、あるいは失敗してしまって落ち込んでいる時、グリーンから無意識に癒しを得ようとします。自分の中に押し込めていた感情が、表に出てきて、リラックスした気持ちを得て、平穏を保とうとする心理です。

苦しい時は緑を見ながら頑張ることをやめ、少し休んでみるのもよいかもしれません。プレッシャーのかかりすぎで、自分が自分でなくなるような感覚を抑えたいという心の現れです。

緑(グリーン)が好きな人の行動

緑を好きな人の行動の特徴は、物静かにサポート役に回るというものです。どっちの意見も正しい、「自分は自分」と良い意味で他人と自分とを分けて考えることができるため、上手に表裏なく、人と接することができます。

協調性を高めるために、芸術的なものに惹かれる傾向があります。良いか悪いかの二択で考えるのではなく、自分にとって良いものを見つけることができる気質があるということです。

はっきりしたい人、白黒つけることが好きな人からは、優柔不断と思われて、嫌われる可能性があります。

行動の特徴リスト

  • サポート役に回る
  • 忙しくなく静かに暮らそうとする
  • 芸術的なものに惹かれる
  • 表裏なく人と接する
  • 優柔不断な一面
  • 健康に興味がある
  • 協調性がある

緑(グリーン)を好きな人が気をつけること

緑を好きな人は、どっちつかずの言動で周りを混乱させてしまうことがあります。また、八方美人になりがちで、あまり否定することを好まないため、愚痴の聞き役になってしまい、受け取るストレスで自分が苦しむということになります。

ショックを受けると、良い面であるはずの中立さがなくなり、「どっちつかずの自分が悪いんだ」と責めることで、良さがなくなってしまうので注意しましょう。

また、たとえ相手が自分にとって悪い人でも、争いを好まないため、人に利用される可能性があります。緑が一番心地よいのは良いことですが、他の色の特性を使って時には、はねのける力を出すことも大切です。

気をつけることリスト

  • 真面目すぎるところがストレスになる
  • コミュニケーションが好きではないので、緊張する
  • 自己主張が弱く、人見知りな面がある
  • 人に利用されてしまう
  • ショックを受けると引きこもってしまう
  • 保守的でどっちつかず
  • 愚痴を聞き役になってしまう

色が全てではない

色は、「この色が好きだから、こうである」と絶対的なものではありません。色が心に大きな影響を与えることは確実ですが、すべてではないと考えます。

特定の色に関する過去の記憶は感情とひもづいています。子供の頃のショックは、固定観念として残り、常に無意識に作用して行動を制限するものだからです。

特定の色が「好きや嫌い、気になる」というのは、もっと深いところに理由があります。一般的な理由だけを取り入れて、自分を判断するのは軽率かもしれません。

物事に対して「これはこうである」と断定できるのは、他人の意見からではなく、自分自身が感じることの中にあります。
色が好きというのは、自分が感じていることです。その意味は、他人や情報から与えられるものだけではなく、自分で探すことが大切です。

まとめ

緑(グリーン)が気になるという方のための一般的な意味をご紹介しました。ニュートラルで自然体に物事に対処できるのが、緑の良いところです。中立が保てない時に、自分自身が混乱してどうしたらよいかわからなくなってしまいます。

上手に自分の意見を伝えられるようになることが、緑の特性を生かす鍵です。強いショックを受けると人よりも立ち直りが遅いと、自分でわかっていると、冷静に対処もできます。

緑は人の意見をまとめる調整役です。調整役がいないと人間関係はより良いものになりません。

人の愚痴を聞きすぎて、自分のストレスが溜まりすぎないように自分の心のメンテナンスを怠らないようにしましょう。

このページへのリンク設置はフリーです。下記をお使いいただけます。

無料メール講座のご登録

思考ではなく、感性で自分を導く

イメージサプリに興味を持っていただき誠にありがとうございます。 多くの方に利用していただき、大変嬉しく思っております。 「心の奥にある、既に存在している価値」を掘り起こすサポートをさせていただいて参りました。

なりたい自分を掘り起こし、あなたと感性が合うメンターを見つけることができたら、毎日の輝きが変わります。 このページは、イメージサプリの使った「なりたい自分」を応援し、メンターを検索する方法を無料メール講座でお伝えします。

登録者数に上限があるため、定員になり次第、新規登録を停止させていただきます。

イメージの力を使い、無意識に作用させ、なりたい自分を応援するプログラムです。詳細を知りたい方はこちら

登録後、仮登録の通知メールが送信されますので、[登録する]をクリックしていただくと、無料のメール講座が開始となります。メール講座は受信されたメールからいつでも解除が可能です。
仮登録申請の確認メールが届かない場合は、
1. 入力されたメールアドレスがすべて半角英数字となっていますか?@マークは全角ではないですか?
2. 「@image-sapuri.com」からのメールを拒否する設定になっていませんか?
3. 「迷惑メールフォルダ」等に入っていませんか?
仮登録申請は、繰り返し行うことが可能ですので、設定を調整いただき、繰り返し登録申請できます。

イメージサプリの使用例

音声が出ますので注意してください。※あくまでの一つの使用例です。